自分に合う服がわからない男性向け。持っておくべき洋服はこれだ!

ファッションに興味のある女性は多いですが、男性の場合はどうでしょうか。

もちろん、おしゃれに興味があって洋服屋めぐりをするのが好きという方も多いでしょう。

ですがその一方で、そもそもどんな服を着ればいいのかわからないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

服の着こなしって確かに難しいですよね。

毎日同じ服でいられれば楽なのですが、現実的になかなかそうはいきません。

ショップに行って、上から下まで一式揃えて下さいと言ってしまえばコーディネートはしてもらえるかもしれませんが、今度は着回しに頭を悩ませることになってしまいます。

というわけで、今回は特に男性に多いと思われる「自分に合う服がわからない」という悩みを解決するべく、持っておくべき最小限のアイテムをご紹介していきます。

持つべきアイテム①デニムと黒のストレートパンツ

男性のファッションは基本的にズボンですよね。

そうは言っても、世の中にはたくさんのデザイン、素材のズボンが売られているのでどれを買うべきか考えだすとキリがありません。

なので、まずは王道のデニムを一本と黒のストレートパンツをゲットしましょう。

デニムも色や形は様々ですが、ストレートで濃いめの色のものがオススメです。

デニムも黒のパンツも、太すぎるものは厳禁です。

かつてオーバーサイズのデニムが流行りましたが、今履いていると悪い意味で目立ってしまいます。

自分の足の太さに合った、動きやすいものを選んでくださいね。

持つべきアイテム②白のTシャツ

定番中の定番、そして何にでも合わせやすい万能アイテムが白のTシャツです。

シンプルすぎると思われるかもしれませんが、最初はこのくらいシンプルな方がいいのです。

先ほどオススメしたデニムと黒のパンツに合わせることを考えると、グレーのTシャツも良いでしょう。

そして気をつけるべきは「無地」であること。

英語でたくさん文章が書かれているようなデザインのものは、正直言ってあまりかっこよくありません。

単語だけが入ったようなものも、中にはとんでもない意味のものもあるので避けましょう。

白のシンプルなTシャツは派手さはありませんが、大人らしい落ち着きもアクティブなイメージも演出できます。

持つべきアイテム③白のシャツ

白のTシャツに引き続きオススメしたいのは白のメンズシャツです。

といっても、会社に着ていくようなビジネスタイプのものではなく、コットン素材などのカジュアルなものを選びましょう。

白シャツは単体で着てもサマになりますし、上に合わせるアウターも選びません。

持つべきアイテム④パーカーとジャケット

ちょっと肌寒い日向けに、羽織ものとしてパーカーとジャケットも用意しておくと安心です。

スウェット素材のパーカーはカジュアルな場面で、ジャケットは少しドレスアップする必要があるときのために準備しておきましょう。

中に合わせるのは、先ほどご紹介した白のTシャツ、白シャツのどちらでも大丈夫です。

それぞれどちらに合わせてもまったく問題はないとは言え、場面に応じて選んでみてくださいね。

〜番外編〜シューズはシンプルに

スニーカー派の男性も、革靴派の男性も、白一色の組み合わせやすいシューズが一足あると安心ですね。

革靴に限らず、スニーカーでも黒だと足元が重くなってしまい、コーディネートのバランスを崩してしまうことがあります。

特に白シャツやTシャツを着るというときには足元も軽快に、明るくシンプルな白のスニーカーがあるとキレイに決まりますよ。

〜番外編〜セーターやカーディガンもオススメ

ユニクロやGUなどのプチプライスのお店は、メンズのアイテムも豊富ですよね。

デザインもシンプルなものが多いので、選びやすいと思います。

黒のセーターやカーディガンは、合わせやすくどんなアイテムともケンカしないのでオススメです。

柄物は避けて、シンプルな単色のものから始めると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。 

コーディネートと聞くとなんだか敬遠したくなる気持ちもありますが、合わせやすいものから始めると意外に簡単なのです。

今回ご紹介したアイテムはどれもシンプルなものですが、だからこそ着る人を選びません。

自分に合う服がわからないという方、ぜひ手元に揃えてほしいアイテムです。

慣れてきたら少しずつ色を加えていくイメージで、洋服のバリエーションを増やしていってみ

てくださいね。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする