関西の名門「関関同立」の序列について。大学や学部、就活での差はあるのか?

こんにちは。ちょこざえもんです。

ここのところ関東の私立大学の序列について書いてきましたが、今日は関西の名門私立大学である「関関同立」の序列について書いていこうと思います。

受験生であれば、関関同立の序列やランキングについて気になる人も多いと思います。

関関同立の序列は、偏差値や就職、入試志願者数などからはっきりとわかってきます。

是非最後までお付き合いください。

関関同立(かんかんどうりつ)とは?

関関同立(かんかんどうりつ)とは、関東ではMARCHに相当する難易度の高い私立大学のグループだといわれています。

関関同立(かんかんどうりつ)とは、近畿地方の難関私立大学を占める通称で、略字をつなげた私大グループの呼称としては、もっとも早くに定着しています。

関関同立(かんかんどうりつ)では、規模や歴史の古さ、学部構成など比較的近いことがあり、公式化に繋がっていきました。

4大学を示し、名称は各校名の頭文字の組み合わせによります。

関 ~関西大学

関 ~関西学院大学

同 ~同志社大学

立 ~立命館大学

「関関」「同立」の語源として、関西六大学野球連盟で使われていた伝統の一戦、「関関戦」「同立戦」からきているものです。

阪神間に所在する関西大学と関西学院大学、京都に所在する同志社大学と、立命館大学は相互にライバル意識が強く、それぞれの優劣を決める絶好の機会として捉えられてきました。

大学野球の人気が絶大であったことからこれらの対決が一般市民の注目を集めるところとなったのでした。

<関関同立の偏差値による序列とは?>

4大学ともに存在する学部のみを比較してみると

・国際学部系

1位 同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 (67.5)

2位 関西学院大学 国際学部(65.0)

3位 立命館大学  国際関係学部(62.5)

4位 関西大学 外国語学部(60.0)

国際学部系は人気があり、英語や中国語など勉強できることで時代にあった学部だといえます。

序列は

同志社大学>関西学院大学>立命館大学>関西大学

・法学部

1位  同志社大学(60.0)

立命館大学(60.0)

3位  関西大学(57.5)

関西学院大学(57.5)

法学部自体に人気がなくなってきていることが偏差値が低い理由だといえます。

序列は

同志社大学=立命館大学>関西大学=関西学院大学

・経済学部

1位 同志社大学(62.5)

2位 関西学院大学(60.0)

3位 立命館大学 (57.5)

関西大学   (57.5)

4つの大学とも2018年の偏差値と変わらずです。

序列は、

同志社大学>関西学院大学>立命館大学=関西大学

また、このメインの3学部をそれぞれ比較してみると

同志社大学>関西学院大学>立命館大学≧関西大学

以上のような序列となっています。同志社大学がほかの学部とみても偏差値がかなり伸びています。

スタディサプリ高校・大学受験講座

関関同立の就職実績・受験者数による比較とは?

ここまで偏差値について書いてきましたが、ここからは視点を変えて就職実績についてご紹介させていただきます。

<就職実績による序列>

就職実績から関関同立の序列を比較してみることができます。

多くの学生たちが進学先の参考にするのは就職実績になってきます。

就職先で特に人気が高いのが「銀行」です。

同志社大学・関西学院大学・関西大学で比較してみることができます。(立命館大学は就職先に人数を公開していないため)

・三菱東京UFJ銀行

1位 同志社大学  50名

2位 関西学院大学 43名

3位 関西大学   30名

・みずほフィナンシャルグループ

1位 同志社大学  45名

2位 関西大学   30名

3位 関西学院大学 26名

・三井住友銀行

1位 関西学院大学 134名

2位 関西大学   102名

3位 同志社大学   47名

銀行では3大メガバンクの日本トップの銀行群。3つの銀行は圧倒的な規模の銀行で地方銀行に比べると桁違いの規模です。

完全にNO.1の三菱東京UFJ銀行を目指す就活生が多いといわれています。

総合的にみると就職に強いのは、

同志社大学>関西学院大学>関西大学

といった序列となります。

<受験者数・志望者数による序列>

2016年度と2017年度の一般入試の受験者数を比較してみると関西大学と立命館大学はほとんど変わらずですが、もともと受験者数の多さが半端ではありません。

反対に関西学院大学と同志社大学がかなり伸びていて、関学と同志社に人気が集まっているのがわかります。

よって受験者数では

関西大学>立命館大学>同志社大学>関西学院大学

以上のような序列です。

伸び率からいうと

関西学院大学>同志社大学>立命館大学=関西大学

以上のような序列になっています。

<偏差値・就職実績・受験者数による序列とは?>

偏差値・就職実績・受験者数による現状の3つを総評してみると

同志社大学>関西学院大学>立命館大学=関西大学

といった関関同立の序列となります。

とくに同志社大学の人気がすごいです!


まとめ

いかがだったでしょうか。

関西で人気の同志社大学は、コスパのよさ、就職で困らない、試験3科目で受験できる、国語が簡単ということで、多く高学歴の象徴となっています。

無理に国公立に行くくらいなら同志社に行っておけば良いといわれるくらい人気です。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする