老眼鏡100均で売ってるけど、めがね屋との違いってある?どっちが良い?

こんばんは。ちょこざえもんです。

老眼という言葉を聞くと、自分の体に老いが迫ったと考える人も居るかもしれません。

裸眼では物を見る事が辛いので、めがねが必要となります。

これを老眼鏡と言い、見えない物を見えやすくする物です。

今回は、100均の老眼鏡とめがね屋の老眼鏡の違いについて書いて行きます。

老眼ってどんな状態のこと?

老眼は老いによる、調整能力の低下が招く目の状態のことを指しています。

病気ではありませんが、今まで見えていた物が見えにくくなるため、日常生活に不便さを感じる場面が増えてきます。

遠くが見えるが近くが見えないという状況になります。

そうなると日常生活の中で不便だと感じる部分が増えてきます。

例えば読書や職場、医療機関などで貰った書類などを読むときに、読みづらいそう感じるようになります。

一般的に老眼と呼ばれるのは、40代ぐらいからで徐々にその症状は酷くなっていきます。

世間で40代というと働き盛りと言われますが、目の方は早くも老いに向けて準備を始めたという事になります。

この症状が始まってしまうと、目が疲れると言うことを感じる機会が多くなり、あまり本を読まなくなったり、出来るだけ目を使いたくないと考えるのが普通です。

目が疲れているのに無理していると頭痛がし、色々な体の不調が現われてきます。

100均の老眼鏡とは?

上の項では老眼とはどんな状態のことを指すのか?という事について書いてきました。

そんな老眼状態の目の負担を減らすために、老眼鏡を使用して負担を軽減していきましょう。

そこで簡単な方法として100均(100円ショップ)で購入する人もいるはずです。

100均の魅力は、置かれている商品の金額を気にせずに購入できることと、何でも揃うという事で、日本だけではなく外国の方にも人気があります。

取りあえず一時、間に合わせで老眼鏡を購入し、切り抜けようと考える人も多いはずです。

しかし、老眼という状態もその人により進行度合いが違い、購入したからと言って誰にでも合致するわけではありません。

100均で販売されている老眼鏡は、左右のレンズの度数が同じ値で設定されていることがあります。

そのような老眼鏡を掛けると合わないので、頭痛や気分が悪くなるなどの不調が体に表れたりすることもあります。

また、レンズの中心点の値は色々なデータの元、大体こんな感じだろうという平均値を使用して作られています。

そのため、合う人と会わない人の差が激しい事が考えられます。

もう少し解りやすく言うと、薬局で売られている風邪薬。

あれも症状として一番強く出ている物に合せる物であり、出ている色々な症状に対応する物ではありません。

100円均の老眼鏡は、そのような物です。

あくまでも、一時的には見えやすくなって良かったと安堵するかもしれませんが、症状が進んだらしっかりと作った方が良さそうです。

めがね屋の老眼鏡とは?

めがね屋さんは、その人その人に合ったフレームを選んでくれます。

というのも今まで眼鏡を掛けた事が無い場合、眼鏡を初めて掛けると意外と疲れてしまい、耳が痛いと言うこともあるのです。

そのため、めがね屋の店員さんのアドバイスも参考にしながら、掛けやすいフレームを選ぶようにしましょう。

これは100均の老眼鏡では選ぶことは出来ませんし、めがね屋さんにしか出来ない事だと考えてしまいます。

この他、レンズに関しても今の老眼の状態を調べて最適なレンズを選択してくれるので、疲労感はなく使用することが出来る老眼鏡を手に入れることが出来るはずです。

これにより、今まで見えづらい状況を解消することが出来て、老眼と付き合っていけるようになります。

また、年齢を重ねると老眼が進んでしまうことも考えられますが、そのときは老眼鏡を作り替えるということも必要となります。

進まなければ、初めに作った老眼鏡で過ごすことも出来ます。

100均とは比べものにならない費用は掛りますが、その分見やすく使いやすい老眼鏡が手に入ります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は100均の老眼鏡とめがね屋さんの老眼鏡について書いてきましたが、個人的にはめがね屋さんで老眼鏡を作った方が良いと考えます。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする