出口雅之(REV)の現在は石鹸彫刻家&シンガー!経歴とプロフィールをご紹介。

こんばんは。ちょこざえもんです。

「GRASS VALLEY」「REV」と聞いて「懐かしい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

「GRASS VALLEY」というのは80年代後半から90年代にかけて活躍したロックグループです。

「REV」は1993年デビューしたユニットですね。

この二つのバンドに共通する人といえば、出口雅之さんです。

癖のある魅力的なヴォーカルにはまった人も多かったはず。

今回は、そんな出口雅之さんの経歴・プロフィールそして現在の活動についてご紹介します。

出口雅之の経歴・プロフィール

出口雅之さんは1966年9月20日生まれ、群馬県の出身です。

現在では55歳になられるんですね。(2019年1月現在)

1981年、10代の頃からバンドを結成し、数々のコンテストに出場したという経験があります。

1984年には上京を果たし、ここでもバンドを結成。

ライブハウスを中心とした活動をスタートします。

そして1987年、「GRASS VALLEY(グラスバレー)」というバンドでCBSソニーからデビュー。

なんだか夢がありますよね。

地元での活動を経て上京し、ついにメジャーデビューというのは王道ではありますが映画やドラマのようです。

「GRASS VALLEY」名義では、8枚のアルバムに9枚のシングルをリリースしています。

しかし1992年には解散してしまうんですね。

解散の理由としては、やはり音楽性の違いということがあったようです。

それぞれにやりたいことがあって、それをうまくまとめていくというのも大変ですよね。

惜しまれながらも解散、という形となりました。

その後、出口雅之さんは新たなユニット「REV(レフ)」として活動を再開します。

93年には「果てしない夢を」という楽曲で、オリコンチャートの2位を獲得しました。

今でも色褪せない名曲です。

「REV(レフ)」ではアルバム2枚、シングル5枚を発表しましたが1994年に解散しました。

2年後の1996年、出口雅之さんはソロデビューを果たします。

シングル4枚、アルバム2枚をリリースしています。

1999年になると、SUICIDE SPORTS CAR (スーサイド・スポーツ・カー)を結成します。

SUICIDE SPORTS CARとしての活動場所はクラブが多かったようです。

ブレイクビーツにマリンバを加えるという新しいスタイルで、同年12月にはユニバーサルミュージックからデビューも果たしています。

出口雅之の現在の活動は?

1987年のデビューから紆余曲折を経て、様々なバンド活動をしてきた出口雅之さん。

現在はどんな活動をしているのかが気になるところです。

「SUICIDE SPORTS CAR 」としてデビューを果たした出口雅之さんはその後「ローマとしき&ローマファイナルズ」という名前で新たにバンドを組んでいます。

「ローマとしき&ローマファイナルズ」にはダンスなどのパフォーマンスも取り入れられており、都内で講演をしていました。

ちなみに出口雅之さんは「ローマとしき」としてナレーションなんかにも挑戦されているそう。

GRASS VALLEY(グラスバレー)」時代を知るファンからすると衝撃の内容でしたが、一方でとてもおもしろいという評価も受けています。

才能のある人は何でもできるんですね。

活動の幅の広さに驚きです。

さらにすごいのが、現在では石鹸彫刻家なるものとして活動しているという点。

石鹸彫刻というのは、その名の通り石鹸を彫って作品を作るという活動です。

こちらは出口雅之さんの作品です。

とても素敵な色合いですよね。

石鹸でできているなんて信じられないくらいです。

2013年からは個展も開催しているそうです。

さらに2015年には、石鹸彫刻の教室も開いている出口雅之さん。

その才能はあらゆる分野に開かれていますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

GRASS VALLEY(グラスバレー)」や「REV(レフ)」時代からその類まれなる才能を見せてくれた出口雅之さん。

現在でもシンガーとしてツアーを開催するなど、音楽活動も行なっています。

その一方で、石鹸彫刻という新たな分野でも成功を収めていることがわかりました。

まだまだこれからも出口雅之さんの活躍する姿が見られそうですね。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする