春の七草の意味とその効能。縁起物の七草粥の意外と知らない歴史を紹介します。

こんばんは。ちょこざえもんです。

1月7日は、春の七草を使った七草粥を食べる風習があることをご存知でしょうか。

七草粥は、縁起物としてはもちろん、栄養満点の食べ物として、古くから親しまれてきた食べ物です。

けれど、春の七草という言葉は聞いたことがあっても、そのはじまりや種類、その意味は、あまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、そんな春の七草について解説します。

春の七草のはじまり

春の七草とは、1月7日に食べると縁起がよいとされる「七草粥」に使われる草のことです。

 

七草粥は、中国と日本の風習が合わさって、誕生したものと考えられています。

中国では、旧暦の1月7日に、7種の野菜を入れた汁物を食べると、無病で過ごせるという風習がありました。

この風習が、日本に伝わる「若菜摘み」という、年の初めに雪の間から芽を出した草を摘む風習と合わさって、現在の七草粥が誕生したと考えられています。

春の七草の種類

春の七草は、時代によって、その種類に変遷がみられますが、現在の七草は、

芹(せり)

ナズナ

ごぎょう

はこべら

仏の座

スズナ(カブ)

スズシロ(大根)

です。

これは、鎌倉時代の「河海抄(かかいしょう)」に書かれたものと同じになります。

春の七草の意味と効能

春の七草で作られた七草粥は、

・邪気や病気を避けることができる縁起物

・正月に疲れた胃腸を休めるのにちょうどいい栄養補給

という、2つの意味があります。

それでは、春の七草を1つずつ見ていきましょう。

芹(せり)

芹は、「競り勝つ」という縁起のよい意味があります。

期待される効能は、解熱効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など幅広いです。

ナズナ

ナズナは、別名ぺんぺん草と呼ばれる、白い花をつける草のことです。

子どものころ、音を鳴らして遊んだ人もいるのではないでしょうか。

ナズナには、「撫でて汚れを除く」という意味があります。

期待される効能は、高血圧、便秘、むくみの改善、利尿作用、解熱作用、止血作用などです。

ごぎょう

ごぎょうとは、母子草(ハハコグサ)のことで、「仏体」というありがたい意味があります。

期待される効能は、痰や咳、のどの痛みを和らげるというものです。

はこべら

はこべらとは、ハコベのことです。目立たない草ですが、畑や道端などに沢山生えています。

「繁栄がはびこる」という意味があり、勝利や成功などをイメージさせてくれるため、芹と並んで、受験生にもおすすめです。

利尿作用・止血作用・鎮痛作用の他、胃炎や歯槽膿漏を予防する効果が期待されています。

仏の座(タビラコ)

黄色い花が特徴のキク科の植物で、「仏の安座」というありがたい意味をもっています。

期待される効能は、食欲増進、歯痛の緩和です。

ちなみに、仏の座には、キク科とシソ科の2種類があります。

春の七草である仏の座は、キク科で、黄色の花をつける草です。

道端でよく見かける、濃いピンク色の仏の座(シソ科)は全く別物になります。

スズナ

スズナとは、野菜のカブのことです。

スズナは、「神を呼ぶ鈴」という名がついた縁起物になります。

期待される効能は、胃腸の調子を整える作用や、しもやけやそばかすの改善、骨粗鬆症とがん予防などです。

ちなみに、スズナの「スズ」の意味は、「青菜」だとする説と、「鈴」だとする説がありますが、七草粥で食べるのは、青菜の部分になります。

スズシロ

スズシロとは、大根のことです。

「汚れのない清白」という意味があり、風邪予防や美肌効果に優れています。

こちらもスズナ同様に、七草粥で食べるのは、青菜の部分です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

春の七草には、縁起物の意味と栄養補給の目的があります。

七草粥の時期になると、スーパーで、七草粥のセットが販売されていますので、自分で採取に行かなくても、簡単にトライすることができますよ。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする