全国高校サッカー選手権2019大会の注目選手の特徴と進路!MF編

こんばんは。ちょこざえもんです。

もうすぐ毎年恒例の年末から年始にかけて行われる、2019年高校サッカー選手権!

年末年始にかけて、お休みの人もお仕事の人も興味がある注目の大会です。

高校サッカー選手権といえば、毎年注目される選手がピックアップされます。

高校サッカー選手権で注目される→Jリーグからスカウトが来る→Jリーグで注目される→海外のクラブから注目される→海外のクラブで活躍するのも夢ではありません!

そこで先日は注目選手を紹介しましたが、ご要望が多かったため、ポジション別に紹介させていただくことにしました。

今回は、攻撃も守備も行いグラウンド全体で連動した動きが求められる、MFの選手をご紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

Jリーグ内定済みの注目選手は?

まずは早速、Jリーグに内定している選手から紹介させていただきます。

檀崎竜孔(だんざきりく)・・・北海道コンサドーレ札幌内定

超名門の青森山田高校から、今年もスターが誕生しました。

中一の頃から周囲の人に「絶対プロになる!」と明言!

見事その言葉通り、プロになる目標を達成しました。

エース番号10番で憧れる主将も務め、ポジョションは左サイド!

武器は、ボディバランスがよく左右の体重移動が瞬時にでき、迷わず一瞬のスピードでドリブルが仕掛けられます。

正確なロングパスも、デビットベッカム並の精度ですので大会中も見れるか期待です。

秋山裕紀(あきやまゆうき)・・・アルビレックス新潟内定

全国区でも有名な、群馬県の強豪前橋育英高校からJリーガー誕生です。

ポジョションは、DFの役割に近い守備的MFです。

2年生からレギュラーに定着して、昨年度の全国高校サッカー選手権では優勝しました!

昨年度、プロに注目を浴び、評価が急上昇です!

持ち味は、短い距離長い距離共に出せる、キックコントロールです。

コントロール精度がプロでも通用するほど上手く、元FCバルセロナに所属していたシャビ選手を思いおこさせます。

プロチームも注目する有望な選手は?

それではここからは、Jリーグに内定はしていないけど将来日本、そして世界をを背負って活躍する可能性が十分にある選手を紹介していきます。

熊澤和希(くまざわかずき)

現j2プロチームの大宮アルディージャに所属している大前元気の出身高でもある、千葉県の流通経済大柏高校に所属しています。

現状に決して満足せずに意欲的に取り組む姿勢はワタクシも好感が持てますし、「これから絶対成功して!」と応援したくなります。

熊澤選手の最大の武器は、身長の高さと足下の高度な技術が大きな特徴です。

ペナルティーエリア外から積極的に放つ強烈なミドルシュート、ゴールにつながるFWへのラストパス、テクニックを生かしたトラップやフェイントも相手には脅威です。

佐野海舟(さのかいしゅう)

鳥取県の米子北に所属。

1年生から全国高校サッカー選手権の出場経験があり、今ではチーム引っ張るキャプテンを務めています。

大きな特徴は、中盤ならどこでもポジョションをこなせるオールラウンダーす。

両サイド・攻撃的・守備的な位置で仕事ができます。

自ら点を取りに行くシュートへの意識、味方を上手に活かす為精度の高いパスも供給できます。

まるでスラムダンクでいう陵南高校の「仙道彰」ですね。まさにそうです

まとめ

いかがだったでしょうか。

注目すべきポイントはプロ内定しているかしていないかではなく、その選手にしかない長所です!

「ドリブルの仕掛けとロングパス」が特徴である檀崎竜孔選手、「精度が高いキックコントロール」が持ち味の秋山裕紀選手、「強烈なミドルシュートと足元の技術(トラップ・フェイント)」が大きな武器の熊澤和希選手、「中盤でのオールラウンダー」の佐野海舟選手。

その長所を知って大会を見るのと見ないのとでは、楽しみが全然違いますよ♪

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする