小嶋淳司(がんこ会長)のプロフィールと経歴。後継者は息子の達典。海外進出も!

出典 和食がんこ公式Facebook

こんばんは。。ちょこざえもんです。

今週の「カンブリア宮殿」に、がんこフードサービス株式会社会長の「小嶋淳司さん」が出演します。

今日は、その小嶋淳司さんのプロフィールや経歴を紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

小嶋淳司のプロフィールと経歴

出典 カンブリア宮殿公式サイト

それでは早速プロフィールから見ていきましょう。

創業者ですから、まさにたたき上げって感じの経歴です。

《プロフィール》

名前: 小嶋淳司(こじまあつし)

生年月日:1935年7月16日

出身地:和歌山県西牟婁郡上富田町

学歴:和歌山県立田辺高校 ⇒ 同志社大学経済学部

職業:がんこフードサービス株式会社代表取締役会長

趣味:ゴルフ・ラグビー観戦

座右の銘:活人

尊敬できる人:松下幸之助

《経歴》

昭和37年 大阪榮寿司店で1年間見習い修業

昭和38年 大阪十三にて4坪半の寿司店個人創業

昭和40年 十三寿司店開店・当時106席の大型寿司店として話題を呼ぶ

昭和44年 小嶋商事株式会社設立

昭和55年 資本金6000万円に増資「がんこフードサービス株式会社」に社名変更

平成6年   農林水産大臣賞(外食産業 人材養成功労)受賞

平成7年   社団法人大阪外食産業協会会長に就任

平成12年 農林水産大臣賞(外食産業 ごはん食普及功労)受賞
物流合理化賞(日本ロジスティックスシステム協会)受賞

平成13年 社団法人日本フードサービス協会会長に就任

平成17年 社団法人関西経済同友会理事に就任
春の褒章にて藍綬褒章を受章
代表取締役会長に就任

平成18年  関西経済同友会代表幹事に就任

平成20年  大阪商工会議所副会頭に就任

平成21年  農林水産大臣賞(外食産業 地産地消推進功労)受賞

平成22年  秋の叙勲において旭日中綬章を受章

小嶋淳司さんは、和歌山でよろず屋を営む家の6人兄弟の末っ子として生まれました。
しかし9歳でお父さんを亡くしたので、お母さんがお店をやっていたとのことです。

そんな折小嶋淳司さんが高校生の頃、お母さんが倒れたので、高校を休学してお店の手伝いをすることになったのが、商売の原点だそうです。

それから一流の商人になるために大学に進学し、経済学を学んだのちに、すし店で1年間の修行を経て、自分のお店を出しました。

すぐに行列ができるほどのお店になったのですが、実はある経験がここで活きました。

それは、よろずや時代に買い物をしてくれるお客様一人ひとりに「なぜうちに来て、なぜそれを買うのか?」と尋ねたことです。

そんなことを聞く店員はいないので、初めは面食らっていたお客様も、親切に教えてくれたので、お客様のニーズを的確につかむことができたんだとおっしゃっています。

よく、お客様に尋ねることが商売の原点だ!と言われますが、それを地で行く小嶋淳司さんはやっぱり凄腕の商売人なんだなと感心させられます。

わかっていても、普通なかなか実践できないものですよね…

社長は息子の小嶋達典

出典 商業界オンライン

小嶋淳司さんは現在、代表取締役会長に就任し、後継の社長には長男の小嶋達典さんが就任しています。

小嶋達典さんは、1968年12月11日に大阪市淀川区で生まれ、現在50歳(2018年11月)です。

小学1年生から中学3年生までは剣道を習い、高校からはラグビーを始めたそうですが、そのラグビー部がかなりきつかったようで、同級生36人中1年後まで残ったのは、たった7人だけだったそうです。

佛教大学社会学部入学後もラグビーを続け、部活とバイトに明け暮れます。

そのころからお父さんを社長として意識し始め、卒業後は京都の懐石料理「桜田」で修業をします。

その後サラリーマンの経験を積もうと、1995年に三洋電機に入社し、2年後の1997年にがんこフードサービスに入社します。

グループ会社の社長や、営業本部長、副社長を歴任し、実績を上げて、ついに2018年8月からがんこフードサービスの社長に就任しました。

2019年には初の海外進出(台湾)を予定しているので、社長の若返りを図り、更なる発展を目指すことになったんでしょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日は、がんこ会長の小嶋淳司さんのプロフィールと経歴を紹介しました。

大阪では知らない人がいないというがんこ。

ワタクシは関東ですから、残念ながらあまり存じ上げなかったのですが、来月大阪に出張するので、ぜひ立ち寄ってみようと思いました。

今週のカンブリア宮殿は、11月22日22:00~テレビ東京系にて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする