パリピとウェイって違うの?パーティー、イベント、盛り上がれれば何でもあり!?

こんばんは。ちょこざえもんです。

みなさん、盛り上っていますか?

みんなでメチャクチャになるほど騒ぐのって、スカッとして楽しいですよね。

また盛り上がることに意味なんかないですよね。

楽しく弾ける、これが一番です。

ところでみなさん、みんなで盛り上がって、メチャクチャになるほど騒ぎながらも、ちょっとジャンルの違うものがあることはご存知でしょうか?

その違うジャンルとは、「パリピ」と「ウェイ」です。

どちらもみなさん一度は、聞いたことがある言葉だと思います。

ではこの「パリピ」と「ウェイ」とは一体どんなものなのでしょうか?

今回は「パリピ」と「ウェイ」の違いについてご紹介させていただきますので、是非最後までお付き合いくださいませ。

パリピとウェイはに似た者同士?

まず最初にみなさんは「パリピ」と「ウェイ」をパッと見た目だけで、どちらがどっちと見分けることができるでしょうか?

実はこの2つは、パッと見ただけでは見分けることはできません。

また当の本人たちも、自分から「パリピ」と宣言しない限り、他人からは「パリピ」にも見えたり「ウェイ」にも見えたりします。

つまりこの2つは、お互いに似た者同士であり、ある意味自分でどっちかとか思わない限り、どっちにでもなるのです。

わかりやすく考えると「ウェイ」の中に「パリピ」が含まれると考えた方が良いのではないでしょうか。

その理由はただ騒いでいるだけの「ウェイ」から、ある意識を持つことで、「パリピ」に変わるからです。

「ウェイ」っていったい何?

「パリピ」とは?

「ウェイ」の大きな特徴が、「大衆的」「集団化」「知り合いであれば誰でもOK」に対して、「パリピ」になるとはっきりした違いが出てきます。

「パリピ」を大きな意味でくくると、「パーティー」「クラブ」「イベント」が関係してきます。

つまり「パリピ」は「ウェイ」とは違い、場所はどこでもいいわけではなく、「パーティー」「クラブ」「イベント」が絡んだ場所で飲んだり騒いだり遊んだりします。

そして「パリピ」は、自分たちで「パリピ」としての自覚があります。

また最先端の場所や遊び、ファッションなどにもこだわりがある人たちです。

「パリピ」から見ると、「ウェイ」は自分たちより格下扱いであり、自分達の方がワンランク上だと思っています。

「パリピ」の大きな特徴は、「最先端」「ワンランク上」「有名なパーティー」などです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「パリピ」も「ウェイ」も正直他人が見ただけでは、区別がつかないでしょう。

ただ「パリピ」や「ウェイ」よりも上のランクの集団からみると、どちらも「田舎者」や「おのぼりさん」が、自分たちをカテゴライズするためにいっていると思っています。

結局「パリピ」はド派手でネオン多め、「ウェイ」は普段無口でしゃべりがつまんない人で、何かというと「ウェイ」といってごまかし騒いでいる単純な人ではないでしょうか。

ただどちらに含まれていても、自分自身がその場で楽しめればそれで良いといえるでしょう。

またその場その場で「パリピ」と「ウェイ」を入れ替わることで、そちらでも楽しむことができるでしょう。

以上、ワタクシの独断と偏見で述べさせていただきましたので、パリピ・ウェイの方から見たら「違う!」と思うこともあるでしょうが、私見ですので大きなココロで見守ってください・・・

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする