首都大学東京が東京都立大学に名称復活!でもなぜ?世間の反応は?

こんばんは。ちょこざえもんです。

首都大学東京が、東京都立大学に名称を変更するというニュースが入ってきました。

なぜ今になって名称を復活することになったのでしょうか?

そのあたりを解説させていただきますので、是非最後までお付き合いくださいませ。

首都大学東京が東京都立大学に名称変更はなぜ?

ニュースによると、

「首都大学東京」が名称を変更し、再来年、「東京都立大学」が復活することになった。

東京都の小池知事は24日の定例会見で、首都大学東京の島田理事長から名称変更の報告を受けたことを明かした。首都大学東京は2005年4月に、当時の都立大学など4つの大学を統合して開校したが、知名度が高まらず、長年親しまれた「都立大学」に名称を変更することを決めたという。

小池知事「都の大学であるということが明確に打ち出せる。名称変更を一つの好機として、都立の大学として都との連携をいっそう強化する取り組みを進めまして、大学のさらなる発展を目指していく」

今後、文部科学省への申請や都議会の承認などの手続きを経て、2020年4月には「都立大学」が復活する予定。

引用 日テレNEWS24

ということで、首都大学東京という名称は15年で幕を閉じることとなりました。

理由はやはり「知名度が上がらなかった」ということなんですね。

たしかに就活でも、首都大学東京と言っても年配の方にはピンとこず、「昔の都立大です」って言うと「あ~」となると聞いたことがあります。

やっぱりイメージって大事ですよね。

東京都立大学になるメリットは?

新銀行東京もしかりです。

首都大学東京も新銀行東京も、石原元都知事のころにできました。

石原さんは作家なので、言葉選びに凝っているからなんでしょうか?

当時は非常に斬新な発想だと思いましたが・・・

しかし新銀行東京は、今はきらぼし銀行と名前を変えています。

首都大学東京も、「首都と東京が同じ意味だ」とか「公立か私立かわからない」など、評判はかなり悪いものでした。

しかし、今さら都立大を復活してメリットってあるんでしょうか?

キャンパスは八王子のままだし、どうなんでしょうね。

偏差値が上がるなんてこともありそうですが、まだ様子見ですかね・・・

気になる世間の反応は?

と言うことで、世間ではどんな反応があるのか覗いてみました。

と、肯定的な意見が圧倒的ですが、一部には・・・


なんて意見もあったりします。
ワタクシ個人的にはこの意見に賛同しちゃいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的には、首都大学東京でも東京都立大学でも、卒業生でもないし受験生でもないのでどっちでもいいですが、いずれにしても名称変更が良い方に行ってもらえたらいいですね。

それより、しつこいですが都立大学駅はどうなるんでしょうか?

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする