サッカー日本代表ガーナ戦のスタメンは?各紙、専門家の予想など

こんにちは。ちょこざえもんです。

いよいよ、ワールドカップロシア大会のメンバー選考が佳境に入ってきました。

代表選手にとっては、ガーナ戦での出来次第で23人の枠に入れるかどうかが決まる大事な試合ですし、西野ジャパンとしての初戦でもあるので、否が応でも注目を集める一戦になります。

そこで今日は、各紙でガーナ戦のスタメン予想の記事が出てきましたので、調べてみましたので、ご紹介します。

それでは、ぜひ最後までお付き合いください。

ガーナ代表ってどんなチーム?

ガーナ代表と言えば、アマモア・ギャンを真っ先に思い浮かべますが、今回の遠征メンバーには入っていません。

2009年U-20ワールドカップでは、決勝でブラジルを下してアフリカ勢初の優勝を果たしましたし、翌2010年のワールドカップ南アフリカ大会ではベスト8に進出するなど、めちゃくちゃ強いイメージがありましたが、ロシア大会は残念ながら出場権は得られなかったそうです。

そんな理由からか、今回のガーナ代表は若手選手で構成されています。

しかし、FIFAランキングは50と、同60位の日本より格上になりますので、心してかからないといけませんね。

ここで、今回のメンバーをご紹介します。

▼GK
ローレンス・ジギ(ソショー/フランス)
リチャード・オフォリ(マリッツバーグ/南アフリカ)

▼DF
ジョセフ・アッタマー(バシャクシェヒル/トルコ)
ラシド・スマイラ(アル・ガルファ/カタール)
ルモール・アグベニェヌ(スポルティング/ポルトガル)
アンディ・イアダム(レディング/イングランド)
カシム・ヌフ(ヤングボーイズ/スイス)
ニコラス・オポク(クラブ・アフリカン/チュニジア)

▼MF
フランク・アチェポング(天津泰達/中国)
アルバート・アドマー(アストン・ヴィラ/イングランド)
ワカソ・ムバラク(アラベス/スペイン)
イサーク・サッキー(アンタルヤスポル/トルコ)
オポク・アンポマー(ベフェレン/ベルギー)
トーマス・パーテイ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
アフリイェ・アックアー(トリノ/イタリア)
トーマス・アギェポング(NAC/オランダ)

▼FW
リッチモンド・ボアキエ(江蘇蘇寧/中国)
エマニュエル・ボアテング(レバンテ/スペイン)
ラファエル・ドワミーナ(チューリッヒ/スイス)
エドウィン・ギャシ(CSKAソフィア/ブルガリア)
クワシ・オキア・ヴリード(バイエルン/ドイツ)

個人的に注目したいのは、アトレティコのトーマス・パーテイですね。

シメオネ監督に認められるほどの選手ですから、かなりのスキルを持った選手であることは間違いありませんが、特にすごいのはボール奪取です。

アトレティコでのプレーをそのままされたら、中盤はかなり厳しくなるんじゃないでしょうか・・・

予想スタメンは?

それでは、メディアの予想スタメンを紹介します。

サッカーダイジェスト誌の予想

フットボールチャンネルの予想

日刊スポーツの予想

FW     大迫

MF   宇佐美 本田

MF 長友 大島 山口 原口

DF  槙野 長谷部 吉田

GK     川島

サンスポの予想

FW     大迫

MF   宇佐美 本田

MF 長友 山口 柴崎 原口

DF  槙野 長谷部 吉田

GK     川島

秋田豊の推し

FW     大迫

FW  原口    柴崎

MF     本田

MF   大島  山口

DF  長友 昌子 吉田 酒井宏

GK      中村

城彰二の推し

FW     大迫

FW  宇佐美    岡崎

MF     本田

MF    井手口 長谷部

DF  長友 槙野 吉田 酒井高

GK      東口

福西崇史の推し

FW   大迫  岡崎

MF 宇佐美      香川

MF   長谷部  大島

DF  長友 昌子 吉田 酒井宏

GK      川島

まだ、各紙スタメン予想が出そろっていないので、ニーズはありませんがワタクシも予想させていただきました。

ワタクシの希望

FW   大迫 武藤

MF     香川

MF 長友 柴崎 山口 酒井宏

DF  槙野 長谷部 吉田

GK     東口

点を取りに行ってほしいので、ツートップでお願いしたいです。

大迫は揺るぎようもないファーストチョイスですから、パートナーがどうなるかというところですが、岡崎、乾とも万全でないことを考えると、武藤でしょうね。

武藤は日本人離れしたプレーをするので、特にゴール前の迫力に期待したいです。

トップ下は香川と予想しましたが、ダメなら落選するという厳しい立ち位置にいると思いますので、テスト的な起用になると予想します。

ボランチは攻撃的な柴崎と、守備的な山口でバランスを取りながら、左右のウイングバックが思いっきり前後に走りまくってもらいと思います。

左の長友は良いとして、右は酒井宏じゃなくちゃダメでしょう!

酒井宏は、今の日本代表では唯一ワールドクラスの選手だと思いますので、個人的には絶対に外せない選手だと考えています。

キーパーは東口が好きなだけです・・・

まとめ

いかがだったでしょうか?

仮想セネガルというガーナ戦ですが、セネガルにはチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めたサディオ・マネというスーパーストライカーがいますので、ガーナよりワンランク上だと思います。

今回のガーナ戦は選手選考の意味合いもありますが、本番に向けて西野ジャパンがどれだけやれそうなのか、非常に興味があります。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする