ワールドカップ2018ロシア大会。活躍必至の注目の若手選手厳選5選!

こんばんは。ちょこざえもんです。

ワールドカップでの楽しみの一つに、あまり知られていない若手選手の活躍がありますよね。

本記事では、ワールドカップ2018ロシア大会で注目の若手選手を紹介します。

是非最後までお付き合いください。

注目の若手5選

※年齢はロシア大会開幕時で掲載していますので現在の年齢と異なる可能性があります。

■■キリアン・ムバッペ(フランス)19歳

フランスは有能な若手が多くて羨ましい限りです。

そんな有能な若手の中で一押しが、フランスの若き至宝のキリアン・ムバッペ。

今期よりモナコから、PSGにレンタル移籍をしました。

PSG加入後も輝きは衰えずさらに増しています。

サイドからドリブルで持ち込み、フィッシュまで持っていく姿は圧巻です。

とても19歳とは思えないドリブルの切れ味、シュート精度や威力を持っているムバッペ。

また19歳と若いにもかかわらず、自己中なプレーにならず周りも生かしたプレーも一流です。

すでにワールドクラスの選手ですが、このワールドカップロシア大会でさらなる飛躍を遂げることでしょう。

■■ガブリエル・ジェブス(ブラジル)21歳

セレソンの絶対的CFガブリエル・ジェブス。

ロナウド以降、ブラジル代表のCFはあまりパッとしない印象が個人的にありましたが、久々に出

てきたのがこのガブリエル・ジェブスです。

現在はプレミアリーグのマンチェスターCに在籍するジェブス。

プレミアリーグで現在得点ランキング堂々の一位と得点力抜群です。

とにかく運動量が豊富でポジショニングが抜群です。

運動量が豊富なことで相手DFを釣り出しスペースを作ることもできます。

また、ポストプレーも得意で最前線からゲームの組み立てもできます。

ブラジルには絶対的エースのネイマールがいますが、ガブリエル・ジェブスも要チェックですよ!

■■マーカス・ラッシュフォード(イングランド)20歳

マンチェスターUに所属し、イングランド代表最年少ゴール記録を持つラッシュフォード。

足の速さを生かした、高速ドリブルからシュートまでの流れは必見です。

スタメンに入るかは微妙なところですが、足の速い選手なので試合途中からジョーカー的な使われ方も考えられます。

■■ティモ・ヴェルナー(ドイツ)23歳

シュトゥットガルドから、RBライプツィヒに移籍して覚醒した快速FWのヴェルナー。

オフザボール(ボールを持っていない時)の動きが抜群で、裏への飛び出しが持ち味です。

また決定力も高いため、現在ブンデスリーガで得点を量産しています。

■■中島翔哉(日本)23歳

最後は我らが日本代表の中島選手です。

正直先に書いた4人には、現時点では離されていますが、今後の期待も込めて選びました。

中島選手は、ポルトガルのポルティモネンセSC に所属するウインガー。

鋭いドリブル突破が魅力です。

先日のマリ代表との親善試合でも終了間際にゴールを決め、ハリルホジッチ監督へのアピールも成功しています。

左ウイングが主戦場ですが、個人的に現状の日本代表では乾選手がファーストチョイスかと思うので、途中出場でのジョーカー的な役割が期待されます。

何とかこのロシア大会でアピールして、さらなるビッグクラブへステップアップしてもらいたいものです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

フランス代表のムバッペ選手と、ブラジル代表のジョブス選手は、間違いなく活躍してくれると思いますので、ぜひ注目して観戦して下さい。

また若手以外にも、ワールドクラスのタレント勢揃いのワールドカップ。

一流の選手のスーパープレーを、思う存分楽しみたいですね。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

U-NEXT

ワールドカップロシア大会の日本戦3試合と、決勝トーナメント全16試合が試合翌日にU-NEXTで配信されることになりました!

毎日のハイライトもご覧いただけます。

U-NEXT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする