大学生の平均収入と、収入を増やす4つの方法。一人暮らしと実家通いの違いも。

こんにちは。ちょこざえもんです。

大学生で一人暮らしをされているみなさん、月にどれくらいの収入がありますか?

仕送りとバイトと、、、

意外と周りの人の収入知らない人は多いのではないでしょうか?

また収入を増やすにはどうすれば良いのか、平均的な収入と一緒に紹介していきたいとおもいます。

是非最後までお付き合いください。

大学生の1ヶ月の収入

早速ですが、下記をご覧ください。

出典:ベネッセ教育総合研究所 

上記の図で示したように、

1位 6万円以下

2位 8万円以下

3位 10万円以下

4位 2万円以下

となっています。

収入といっても、一人暮らしや実家暮らしなど「環境」の違いと、「アルバイト」「奨学金」「保護者から」など違いがあるのでそれらをまとめた図が下記の図になります。

出典:同上

環境の違いは、収入源に大きく影響していますね。

特に親からもらえる額では、一人暮らしが多いようです。

しかし、一人暮らしは支出として家賃や光熱費もあるので、結局保護者からもらえる金額の中で、手取りとしては他と大差ないように思われます。

大学生が自由に使えるお金として差がつくのは、アルバイトになるのではないでしょうか。

奨学金も収入源としては大きく影響しているように思われますが、上記の図のようにアルバイトの方が若干高くなっています。

そこで大学生のアルバイト月平均収入をしらべてみました。

出典:マイナビ学生の窓口

1位が3万円ということで意外と少ないように感じますが、2位の5万円、3位の4万円との差は大きくないので、3万〜5万が平均といったところでしょう。

1位から3位までの学生の声を調べたところ、「テスト前は休む」「少し空いた時間に稼ぐ程度で良い」「お小遣いの足しになればよい」という感じです。

逆に、平均以上になると「暇さえあれば稼いでいる」「短期で学校が休みだったから」などあげられます。

学生なので毎月稼いでいるというよりは、時間の空いた時に稼いでいる人が多いようですね。

中には「たくさん稼ぎたいが時間がない」などの声もみられました。

時間は限られているため、なかなかバイトにさく時間がないようですね。

大学生は「学校の授業」「サークル」「一人暮らし」と意外とやることが多いので忙しいですね。

それぞれのバランスをうまくとりながら、アルバイトをすることをおすすめします。

たまに、アルバイトにはまりすぎて授業をさぼって単位を落とし卒業危うい人もみられるので要注意です!!

収入を増やす4つの方法

では、限られた時間の中でうまく収入を増やすにはどうすれば良いでしょうか?

いくつか紹介させていただきます。

支出を減らす

一番手っ取り早いのはこれですね。

一人暮らしをしている人は特に無駄使いをしていないか、家計簿などをつけてチェックすると良いかもしれませんね。

買い物だと余計なものを買っていないか?買う前によく考えてみましょう。

光熱費も使っていない電気やガスをこまめに消すようにしましょう。

節約する

次に行動しやすいのが「節約」ですね。

例えば食費ですが、普段のスパーよりも「業務スーパー」や「コストコ」で買い置きしておくと、最初の出費は大きいですがいちいち買いにいき手間も省けて、トータルでみると安あがりな場合があります。

また、光熱費に関しては契約内容を見直してみると良いです。

最近知ったのですが、昼間家にいない人におすすめの夜は安く昼は高くなるプランなど、電力会社によってはあるみたいなので調べてみてくださいね。

授業の取り方を見直す

授業が夕方入っていて、シフトをいれられない人におすすめです。

必修科目は仕方ありませんが、バイトのことも考えて履修をしてみると良いですよ。

また大学4年間を全体でみて1、2年生でなるだけ卒業に必要な単位をとってしまって、とり終わって3、4年で時間をあけるなどもあります。

先輩などにも聞いてみましょう。

クレジットカード

クレジッットカードが怖い人たまにいますよね。

実は現金払いよりも、ポイントがつくし支払いも2ヶ月後のものもあり、意外とお得で便利なんですよ?

使いすぎちゃった、支払えない!となる前に、あと1ヶ月でシフトをいれて稼いでおくこともできます。

また大学生協が出しているカードだと、分割払いの金利が普通のカードよりも少し安いなどあります。

利点が多いので、上手に使えば怖くありませんよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、大学生の収入についてでした。

特に収入の多いアルバイトと、収入を増やすための方法をみてきました。

参考になれば幸いです。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする