一人暮らしの大学生におすすめするアルバイト。メリットデメリットも紹介!

こんばんは。ちょこざえもんです。

大学生、何かとお金がかかりますよね。

教科書、サークル、交通費、食事代、飲み会…

特に親元を離れて一人暮らしをしている学生さん、自炊に洗濯にやることも多ければお金も限られていますよね。

収入を増やすためにアルバイトを始める人が多いと思いますが、数あるアルバイトの中からどれを選べばいいのか?

誰しも一度は迷ったことがあると思います。

今回はそんな一人暮らしの学生さんにおすすめのアルバイトをいくつか紹介していきたいと思います。

塾講師、家庭教師

塾に通っていた方ならどんな仕事をしているかイメージがつくと思いますが、仕事は基本的に渡されたテキストにそって生徒に勉強を教えます。

塾によっては、学校の宿題なども面倒みる場合もあります。

また、教え方も集団なのか個別なのか塾によって変わりますし、担当する生徒も小学生から高校生まで様々です。

また、どの校舎でも生徒の進路や学習相談など生徒だけでなく親御さんとも関わることがあるでしょう。

他は、たまにテスト監督などもありますね。

メリット

・時給が良い

・説得力やプレゼン力がつく

・生徒の成績が伸びた時の達成感

・先生、生徒との出会い

募集サイトで比較するとわかると思いますが、他のアルバイトに比べて意外と時給が良いです。

生徒に教えるとき、わかりやすく伝えようとすれば説得力やプレゼン力はつきます。

就活や大学の授業などでも発表する機会が増えてくると思うので、意外と役に立ちますよ。

また、先生同士だと違う大学の人との出会いがあると思うので情報交換などもできますよ。

注意すべき点

・時間外手当

・残業

塾講師のアルバイトで一番不安になるのはこの点ですよね。

意外と授業時間分しかでないところもあるので契約前に聞いておくべきです。

授業を教えるだけでなく、教材の印刷、保護者対応、学習相談などもあるのでその分についてお給料がでないとあまり稼げなくなる可能性があります。

塾の名前に「光」がつくところはブラックという噂もあります。

あくまで噂なので、契約前に先輩や友達に聞いて情報収集しておきましょう。

コンビニアルバイト

普段利用しているので、仕事の内容はイメージがつきやすいと思います。

業務内容は時間帯によって異なりますが、大抵はレジ打ちと接客、品出しです。

意外とアルバイトの基本的なことが多いので、アルバイト初心者の方にはおすすめかもしれません。

メリット

・選べる時間帯

・シフトを入れやすい

・廃棄で食費が浮く

24時間営業なので、授業のない昼の時間帯や部活が始まる前の朝など自分の都合の良い時間帯を選べます。

基本的に、朝、昼、夕方、深夜に別れています。

深夜は時給UPのところがほとんどです。

時給は1,000円前後のところが多いですが、シフトを多く入れられるので稼ぎやすいと思います。

また、今は厳しくなっていますが店舗によっては廃棄のパンやおにぎりをもらえるところもあります。

食費が少しうきますね。

注意点

深夜のシフトですが、交通量の少ないところや駅から離れたところは注意した方が良いですね。

不審者や強盗に狙われやすいです。

短期アルバイト

授業が忙しい学生は、長期休暇の時が稼ぐチャンスですね!

短期(2週間など)でがっつり稼ぐこともできます。

GW:お台場などのイベント係り、ライブの誘導員など

夏休み:海の家、リゾート地、小学生や中学生の水泳授業のお手伝い

冬休み:スキー場

春休み:バレンタイン、ホワイトデー

など、季節ごとのイベントで意外とバイトがあるので探してみてくださいね。

個人的におすすめだったのが、小学生の水泳授業のお手伝いですね。

一緒にプールに入って泳ぎ方を教えたり、水が苦手な子のサポートをしたり、先生の授業のお手伝いなど。

暑い日に無料でプールに入れるからお得ですね。

長期インターン

学校で募集している場合もあれば、webで探してみつけることもできます。

お給料も良いし、実際に企業で働くので仕事も覚えられるため就活には多少有利になりますね。

また、長期インターンの先行には意外と甘くないので事前に資格取得などして、自分ができることや興味のあることを証明できるようにしておくことをおススメします。

宅急便の仕分け

クロネコヤマトさんの宅急便の仕分けアルバイトです。

大抵が朝5時から8時なので授業が始まる前にサクっと稼ぎたいかたにおすすめです。

・短時間

・家から近いので続きやすい

・作業が簡単

などがメリットとしてあげられます。

ただ、ほとんどが屋外での作業なので、夏は暑く、冬は寒いですね。

荷物も時期によっては重いものもあるので意外と体力を使うと思います。

体を動かすのが苦じゃない方、朝早起きが苦じゃない方にはおすすめです。

逆にこれで苦手だった早起きを克服できるかもしれませんよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、5つのおすすめアルバイトでした。

他にもたくさんのアルバイトがあるのでぜひ検索してみてくださいね。

あくまでも学生の本業は勉強です。

授業を疎かにしない程度にアルバイトはするようにしましょう。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする