小学校の入学祝いの相場と贈る時期。お返しは?マナーを解説します。

こんにちは。ちょこざえもんです。

他人の子どもの成長は早いもので、世間話をしていると「えっ今年もう小学生?」なんてことに。慌てて入学祝いを準備したことはありませんか?

でも、「小学校の入学祝いって、いくら包めばいいの?」「水引とのしはどっちだっけ?」など、お祝いごとは確認することだらけ。

今回は、小学校の入学祝いの相場や、贈答マナーの注意点をご紹介します。

入学祝いとは

入学祝いは、小学校、中学校などに入学した際のお祝い金です。

親族から、また親の友人などから贈られる場合が多いでしょう。

贈るタイミングは、入学が決まってから

贈る時期は、入学が決まってからになります。

公立小学校の場合は、3月中でよいでしょう。

私立小学校の場合、10月ころに試験が集中しており、年内に合格発表を行う学校が多いです。

一方、二次募集に応募する場合は、2月ころまで結果がわからない学校もあります。

そのため、結果がはっきりわからない時は、公立小学校と同じ、3月になってから贈るとよいでしょう。

いずれの場合も、入学式の2,3週間前までに贈るのがベストです。

小学校の入学祝い 相場はいくら?

住信SBIネット銀行株式会社から公開されている、全国の20代~60代の顧客2,115名からの回答を得た「入学祝い」に関するアンケート結果(2010年)では、小学校(幼稚園等を含む)のお祝い金は、平均が20,160円でした。

回答のおよそ8割は、自分の子や孫、甥、姪、兄弟姉妹など、3親等内の親族に対するものなので、友人や知人の子に対するお祝い金は、もっと低くなります。

参考までに、回答数(1,483件)の内訳は以下のとおりです。

自分の子ども 301件

孫(ひ孫含む)304件

甥・姪など 577件

兄弟姉妹 39件

いとこ43件

知人の子 181件

その他 38件

自分の子と孫が約20%で、甥・姪などが約39%であることがわかります。

 

また、贈る側の平均額を、年代別にみてみると、

20代12,443円

30代12.654円

40代11,589円

50代16,141円

60代38,000円

という結果でした。

60代の平均額が、圧倒的に高いことがわかります。

この理由は、想像がつきやすいですね。

お孫さんのお祝いに、現金を多く包んだり、ランドセルなど高額な商品を購入したりする方が多いからでしょう。

データ参照:住信SBIネット銀行株式会社「入学祝いに関する意識調査」

https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/enq_100329.pdf

アンケート結果を踏まえた、入学祝いの相場はこちらです。

孫    20,000円~50,000円

自分の子・自分の兄弟姉妹 10,000円~20,000円

甥・姪  5,000円~10,000円

いとこ  5,000円~10,000円

友人・知人の子 3,000円~5,000円

現金を贈るのが無難ですが、金券や、学習用品などの消耗品も喜ばれます。

マナー違反に注意!入学祝いは「のしつき・紅白蝶結び」

入学祝に現金や金券を贈る場合、封筒は、「のし付き」で、水引は「紅白蝶結び」のものを選びましょう。

「のし」とは、右上の六角形の折り紙みたいなヤツです。

表書きは、「祝御入学」「御入学祝」と書くのが一般的になります。

お返しは必要?

入学祝いは、親族に対しては、基本的にお返しは不要と言われています。

理由は、「お互い様」だからです。礼状や電話などで、感謝の気持ちを伝えましょう。

一方、子どもが既に大きくて、お返しする機会がない人や、独身の知人からもらった場合は、もらった額の概ね3分の1程度のお返しをした方がよいでしょう。

迷ったら、お返しをした方が無難です。

贈ることを忘れていた場合

贈ることを忘れていても、後から渡せば大丈夫です。

ただし、後から贈られた場合、受け取った側は、お返しや礼状の手続きを再び行わなければならないため、なるべく入学前に贈るよう心がけましょう。

後から贈る場合は、お詫びを一言添えるのを忘れずに。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

小学生の入学祝いの相場は、

・孫    20,000円~50,000円

・自分の子、自分の兄弟姉妹 10,000円~20,000円

・甥、姪  5,000円~10,000円

・いとこ  5,000円~10,000円

・友人、知人の子 3,000円~5,000円

です。

あくまで、平均的な相場なので、これまで自分がもらった金額も参考にするとよいでしょう。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする