今明秀(ER救命医)の経歴とプロフィール。『青森ドクターヘリ劇的救命日記』の主役

こんにちは。ちょこざえもんです。

今日は、『情熱大陸』に出演する、ER救命医の今明秀さんの経歴とプロフィール及び、今明秀さんが主役の漫画を紹介させていただきますので、ぜひ番組と合わせて最後までお付き合いください。

今明秀のプロフィールと経歴

~プロフィール~

名前:今明秀(こんあきひで)

生年月日:1958年

出身地:青森県

出身高校:青森高校

出身大学:自治医科大学

職業:ER救命医・八戸市立市民病院救命救急センター所長

資格等:救急医学会指導医専門医・外科学会指導医専門医・外傷学会専門医・消化器外科学会認定医・米国外科学会外傷手術インストラクター

出典 自治医科大学公式サイト

~経歴~

1983年:自治医科大学卒業・青森県立中央病院 研修医

1985年:倉石村国保診療所 所長1986年:公立野辺地病院 外科

1988年:六戸町国保病院 外科

1990年:青森県立中央病院救命救急センター 外科

1991年:下北医療センター国保大間病院 外科副医長

1993年:公立野辺地病院 外科副医長

1998年:日本医科大学救急医学教室に入局・川口市立医療センター 救命救急センター

2004年:八戸市立市民病院 救命救急センター所長

2011年:八戸市立市民病院 副院長

2017年:八戸市立市民病院 院長

今明秀さんが6期生として卒業した「自治医科大学」は、僻地医療と地域医療の充実を目的に設立された私立大学で、なんと医師国家試験の合格率は、全国公私立の医学部・医科大学において1位となっていて、2016年度の合格率はなんと100%だということです。

私立大学とは言っても、実際は自治省(現総務省)が設置した大学で、卒業後は9年間公立病院での勤務が求められているんだそうです。

そういったわけで、今明秀さんは卒業後、青森県立中央病院で2年間の臨床研修を行いましたが、そこで忘れられない出来事が起きます。

それが、「本町おかみ殺人事件」です。

当直中に、暴漢に刺された女性が救急車で運ばれてきましたが、輸血なのか、手術なのか判断ができずにいたそうです。

応援の外科医、さらに上級の外科医を待ちながら、手術室を準備しているうちに、目の前で亡くなってしまい、自信を失ってしまったそうです。

それからも、倉石診療所、大間病院などで僻地医療を5年間経験し、青森県立中央病院救命救急センター、下北医療センター国保大間病院、公立野辺地病院で外科医師を8年間経験しました。

そして救急医療を学ぶため、東京の日本医大救急医学教室に入局し、川口市立医療センター救命救急センターで重症救急に6年間従事します。

しかし、故郷である青森県の救急の現状には心を痛めており、悩んだ末に青森に戻り、八戸市立市民病院に救命救急センター所長として赴任します。

救命医はたった一人という状況から、八戸市立市民病院救命救急センターを国内屈指の救命救急センターに育て上げました。

現在は、八戸市立市民病院副院長を経て、八戸市立市民病院院長に就任しています。

今明秀さんが院長を務める八戸市立市民病院

八戸市立市民病院の救命救急センターは、普通の救命救急センターとは一線を画す体制を整えています。

それは、「重症すぎて手遅れ」だったら、もっと早く治療開始すればいいということで、医師と看護師が自宅や現場に出動すればいいという考え方なんだそうです。

そのために

ドクターヘリ

ドクターカー

を導入しているんです。

救急車の救急救命士では一部の医療行為しか認められていないため、医師の治療まで時間がかかり、救命率の低下につながっていましたが、ドクターカーの導入により、救命率が3%(2013年)から19%(2015年)と大きく改善しているというデータがあるんだそうです。

また、今明秀さんは既存の部局に属さない院長直属の独立した「臨床研修センター」の所長も務めています。

今明秀さんが書いたユーモアたっぷりの紹介ページです。

http://www.hospital.hachinohe.aomori.jp/introduction/rinsyoukensyuu

また、今明秀さんはブログを書いていましたが、その内容がマンガになっていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

青森ドクターヘリ劇的救命日記

まとめ

いかがだったでしょうか。

いつも思うことですが、お医者さんの使命感には頭が下がります。

自分のことしか考えていない、ワタクシは反省させられます・・・

今明秀さんが出演する『情熱大陸』は2月11日の23時から放送される予定です。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする