副業で確定申告が必要な人とケースを解説。仮想通貨やFX、アフィリエイト収入も

こんにちは。ちょこざえもんです。

サラリーマンなど、一般に確定申告が不要とされている人たちでも、副業をすることによって、確定申告が必要になる場合があります。

今回は、一般に確定申告が不要とされる人が、副業によって確定申告が必要になるケースについて解説します。

なぜ確定申告が不要な人がいるのか

確定申告とは、1月1日から12月31日までの間に発生した所得を、税務署に申告することで、所得税を支払うことをいいます。

けれど、納税が終わっている人や、納税額がない人は、確定申告の必要がありません。

例えば、サラリーマンは、給与から所得税が天引き(源泉徴収)され、年末調整で最終的な納税が完了します。

つまり、職場が納税を代行しているため、確定申告が不要なのです。

また、パートタイマーなどで、給与収入が年間103万円以下の人も、確定申告は不要になります。

これは、給与収入が、給与所得控除額の65万円と基礎控除額38万円以内に収まっているからです。

副業によって確定申告が必要となるケースとは

ところが、普段なら確定申告が不要な人たちが、副業をした場合、確定申告が必要となるケースがあります。

副業によって、確定申告が必要となるのは、以下の2つの条件に、1つでも該当する人です。

・1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

・2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

国税庁HP「給与所得者で確定申告が必要な人」より引用

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

詳しくは後述しますが、要は

・給料と退職金以外に、20万円を超える所得があった人

・2か所以上から、給与明細をもらった人

に、いずれか1つでも該当する人は、確定申告が必要になる可能性があるということです。

それでは、それぞれの要件を見ていきましょう。

 

給与所得と退職所得以外の所得金額が20万円を超える場合とは

サラリーマンやパートタイマーが、副業で最も気をつけなければならない条件が、こちらです。

給与所得と退職所得以外の所得とは、例えば、不動産賃貸で得た収入や、不動産を売った収入、高額な宝石を売った収入、生命保険の保険金(掛け金を自分が支払っていた場合)、寄稿や講演などで発生した報酬、競馬で儲けたお金など、広く該当します。

サラリーマンの副業に多い、株やFX、仮想通貨などの投資で儲けたお金や、アフィリエイト収入やブログ収入も、もちろん対象です。

一方、該当しないものもあって、例えば、生活に必要な動産(家具、衣類、通勤用の自動車など)を売ったお金や、損保保険の保険金などは非課税であるため、関係ありません。

「所得金額が20万円を超える」というのは、収入から経費となる額を控除した額が、20万円を超える、という意味になります。

例えば、不動産収入が100万円あったとしても、維持管理費、税金、減価償却費などの諸経費が、80万円かかった場合、所得金額は20万円なので、これ以外に所得がなければ20万円を超える人に該当しません。

2か所以上から給与の支払を受けている人とは

要は、給与明細を2か所以上からもらっている人です。

サラリーマンが副業として、休日にアルバイトをしたり、パートタイマーが、さらにアルバイトを増やしたりするケースが該当します。

ただし、「主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」に該当しなければ、確定申告の必要はありません。

ちょっとわかりにくい表現ですので、次の3ステップで考えて下さい。

Yesで次の項目へ、Noなら確定申告が必要になります。

①副業の給与収入が、20万円以下である

②他の所得と足しても20万円以下である(本業の給与や退職金は含まなくてよい)

確定申告不要

まとめ

いかがだったでしょうか。

副業で確定申告が必要になるケースは、意外とありそうですね。

確定申告をするなら、書面申告と電子申告の2つの方法があります。

電子申告は、データ送信なので、印刷や郵送の手間がかかりません。

さらに、添付書類を省略できる上、マイナンバーとセットで求められる、本人確認書類の提示や写しの提出も不要なので、電子申告はおすすめです。

ただし、電子申告だと、確定申告の関係書類を、自己保管しなければなりません。

そこで、あえて書面申告を行い、大事な書類は、税務署に預けてしまった方が楽、という人もいます。

書面申告と電子申告は、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」から行うことができます。http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする