「FINAL CUT」2話ネタバレあらすじ。亀梨の復讐は着々と。でも早川慶介って?

こんにちは。ちょこざえもんです。

亀梨和也さん主演の「FINAL CUT」2話が放送されました。

2話のターゲットは水野美紀さんでした。

個人的には水野美紀さんが悪役なのは残念ですが・・・

早速2話のネタバレあらすじを紹介させていただきますので、最後までお付き合いください。

「FINAL CUT」2話のネタバレあらすじ

【二人の男を演じる慶介】

物語の主人公、中村慶介(亀梨和也)は12年前に、母親(裕木奈江)を自殺と言う最悪の形で亡くしました。

慶介の母が経営していた保育園で女児の殺人事件があり、その容疑をかけられ、情報操作された報道によって、追い詰められたのです。

慶介は無実の母を自分達の私欲の為だけに利用し、追い詰めた、ワイドショー番組“ザ・プレミアワイド”の関係者への復讐を企てています。

2話は慶介がその母の自殺のいきさつの回想シーン、そして警察署の資料室で、その母を自殺に追い込んだ女児殺害事件の資料を読んでいる所から始まります。

このシーンは第1話の終盤にも写されていましたが、慶介が事件の資料を読んでいる最中に、副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)が入って来た時のやり取りです。

慶介はこの事件は怪しい男の目撃情報があったのにも関わらず、当時、保育園の2階にあった法律事務所の娘2人の証言で、うやむやになった事を伝えますが、高田はそれをうまく交わしました。

その二人の証言者の名前は小河原若葉と雪子です。

慶介はこの二人の女性に近づくために、それぞれが好みそうなタイプの男性を演じています。

若葉の前では普通のサラリーマンのマモル。

雪子の前では美術が好きな小学校教師のヨシザワ

【慶介の次なるターゲットは?】

マモル(慶介)は若葉(橋本環奈)と二人で夜の静かな川沿いの道を歩いています。

若葉は片手にクレープを持って、楽しそうに家族の話をしています。

父、母、姉、そして兄の話をしますが、兄は今、海外に行っていて、よく分からないと言います。

兄の話は両親もあまり話したがらないようです。

ベンチに座った若葉はクレープで間接キスをした後、マモル(慶介)にキスを迫りますが、そこでマモルの携帯電話が鳴ってしまって、残念がります。

電話をかけてきたのは、慶介の協力者の野田(髙木雄也)でした。

慶介と野田が管理しているメディアの被害者からの相談を受けるサイトに“ザ・プレミアワイド”の強引な取材によって困っていると言う相談が寄せられたのです。

相談者は、最近、妻を殺された男性でした。

警察の捜査で犯人は、二人が管理していたアパートの住人で、アパートの取り壊しに反対していたラーメン店の店主と言う事が分かっていました。

その犯人の逮捕まで間近の状態で、警察からメディアへ取材を控える様に伝えていたのにも関わらず、”ザ・プレミアワイド”のディレクターの真崎久美子(水野美紀)が、この犯人に無理な取材をしたせいで、犯人の男が逃げてしまったのでした。

彼女は自分のスクープの為には手段を選びません。それを知った慶介は、真崎に復讐することを計画していきます。

【追い詰められる真崎久美子】

真崎は更なるスクープ映像を狙って、犯人が近づきそうな場所にビラを配って、何かあったらすぐに知らせてほしいとお願いして周ります。

その後、犯人の男から直接、彼女の携帯電話に電話が入りました。

犯人の男は真崎に、警察に捕まる前に真実を語るから話を聞いて欲しいとお願いします。

真崎が告白映像を取るために準備した部屋に犯人の男が入ってきて、土下座をしながら、実は自分と殺した女性は不倫関係にあり、その別れ話のもつれで殺してしまったと証言します。

そして、決して殺すつもりはなかったんだと泣きながら訴えます。

その告白を映像に取った後、真崎は犯人の男にお金(5万円)を支払います。

これは電話を受けた時からの約束でした。

そして犯人の男は、今、カメラの前で言ったことはメディアへのサービスだったと証言します。

つまり、でたらめの話だったのです。

それを知った後も、真崎はその映像を放送するつもりでいます。

慶介はその一部始終を、予め真崎のバックに仕掛けていた小型カメラで見ていました。

そして慶介は真崎に近づき、彼女が取って来た不正行為を集めた映像を見せます。

映像の最後には彼女の娘の姿が映っていて、この映像を娘が見たら、どう思うだろうか?と問いかけます。

そして、真崎が過去に、慶介の母にした事を思い出させます。

メディアの間違った報道によって追い詰められた母に、一緒に真犯人を探しましょうと味方のフリをして近づいた後、裏切ったのです。

真崎を信じて、最後の望みとして母がカメラの前で真実を語った映像を、一部分だけ切り取って、いかにも母が犯人の様に放送したのです。

そしてそれが更に母を追い詰めて、自殺に追い込みました。

そして、このタイミングで、“Final Cut”の決めセリフが慶介の口から発せられます。

慶介からスクープを逃すのと、スクープされるの、どっちが良い?と言われた真崎は、殺人犯をインタビューした時の映像は使わない事を約束します。

【マモル・ヨシザワ・早川慶介】

真崎は“ザ・プレミアワイド”のミーティングの席で、犯人の単独インタビューの映像は流さない事にしたと伝えます。

それを聞いたメンバーで特に意義を唱える者は居ませんでした。

なぜなら、彼らには犯人の男が捕まった瞬間を捉えた映像があったからです。

これは実は百々瀬(”ザ・プレミアワイド”のメインキャスター)と警察の副署長の高田との口裏合わせがあって出来た事でした。

その後、百々瀬は真崎を部屋に呼び出し、ニュースには2種類があって、1つは“知る価値のあるニュース”、もう1つは“人が見たいニュース”、ただ、どちらも真実でなければならない、と話しました。

ストーリー終盤には、雪子が職場で子供たちと一緒に糸電話をしているシーンが映し出されています。

そして、その糸電話の話し相手が、途中から子供ではなくヨシザワ(慶介)に代わっている事に気づいて微笑みます。

そして二人は子供たちの前で見つめ合います。

ちなみに彼女は自分が好きな男性が、妹の若葉が夢中になっているマモルと同一人物だとは気づいていません。

最後のシーンは、警察署内。

慶介が資料室で作業ををしています。

ITに強い慶介は、資料室のデータ化を任されているのです。

ちょうど、母親を自殺に追い込んだ女児殺害事件の目撃者2人(若葉と雪子)の名前を入力している最中に、副署長の高田が入ってきます。

そして、笑顔で慶介の名前を二回、呼びます。

一度目は“中村慶介くん”、これは彼の今の名前です。

そして二度目は“早川慶介くん”、これは彼の元の名前です。

それを聞いて、慶介はすごく驚いて、高田は薄笑い。

ここで2話は終了しました。

「FINAL CUT」のキャストと基本情報

《登場人物》

中村慶介 ー 亀梨和也

WEBサイト「MP.info.net」の管理人

百瀬塁 ー 藤木直人

情報番組「ザ・プレミアムワイド」の司会者

小河原雪子 ー 栗山千明

小河原家長女

女児殺害事件のカギを握る

小河原若葉 ー 橋本環奈

小河原家次女

女児殺害事件のカギを握る

井出正弥 ー 杉本哲太

情報番組「ザ・プレミアムワイド」のプロデューサー

真崎久美子 ー 水野美紀

情報番組「ザ・プレミアムワイド」のディレクター

小池悠人 ー 林遣都

情報番組「ザ・プレミアムワイド」のディレクター

早川恭子 ー 裕木奈江

慶介の母親

「ルミナスキッズ」園長

12年前に自殺

高田清一郎 ー 佐々木蔵之介

新宿中央署副署長

12年前の事件担当刑事

《基本情報》

放送日:毎週火曜日21時~フジテレビ系(初回1時間15分の拡大版)

脚本:金子ありさ

プロデューサー:豊福陽子

演出:三宅喜重・日暮謙

音楽:菅野祐悟

主題歌:KAT-TUN「Ask Yourself」

制作:関西テレビ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日は、「FINAL CUT」2話のネタバレあらすじをご紹介致しました。

面白そうだなぁと思った方は、「FINAL CUT」を見逃した場合に、FODプレミアム(31日間無料)新規入会で視聴することができますので、良かったらご覧ください。

*「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする