苑田聡彦のプロフィールと経歴。スカウトした名選手がすごい理由とその理論

こんばんは。ちょこざえもんです。

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」は、有名な人も出ることがありますが、それほど有名じゃないけど、知っている人知っているすごい人が出演するので、いつもチェックしています。

年末最後のプロフェッショナルには。広島東洋カープの名スカウト「苑田聡彦」さんが登場します。

どんなにすごいのか、スカウトされた選手の活躍ぶりを見ればわかりますね。

今日は苑田聡彦さんのプロフィールと経歴及び、スカウトして活躍している人をご紹介いたします。

ぜひ最後までお付き合いください。

苑田聡彦のプロフィールと経歴

名前:苑田聡彦(そのだとしひこ)

生年月日:1945年2月23日

出身地:福岡県

出身高校:福岡県立三池工業高等学校

身長・体重:173cm・73kg

ポジション:外野手→内野手

投打:右投げ・右打ち

出典 プロフェッショナル仕事の流儀公式サイト

《経歴》

1964年 広島東洋カープ入団

1964年 初出場

1967年 109試合出場 打率266

1969年 外野から内野へコンバートされる

1972年 45試合に先発出場

1974年 規定打席には届かないものの打率300を達成

1975年 スーパーサブとして球団初優勝に貢献する

1977年 引退しスカウトとして球団に残る

2006年 スカウト部長就任

苑田聡彦さんは高校時代、「九州一のスラッガー」「中西太2世」と呼ばれていたそうで、地元の西鉄ライオンズからスカウトを受けました。

しかし、苑田聡彦さん曰くもっとも条件の悪かった「広島東洋カープ」に入団しました。

なぜ条件が悪いのに、広島東洋カープに入団したんでしょうか?

それは当時のスカウト担当、久野久夫氏の人柄に惹かれたからだそうです。

金額ではなく人で選ぶというのが、苑田聡彦さんの人柄が垣間見えるエピソードですね。

《苑田聡彦さんの現役成績》

814試合出場

1711打数 403安打 49二塁打 16三塁打 23本塁打 115打点 178得点 27盗塁

40犠打 80四球 6死球 266三振 打率236

苑田聡彦がスカウトした名選手とスカウト理論

苑田聡彦さんがスカウトした選手で主な方は、以下の通りです。

小早川毅彦選手

金本知憲選手

江藤智選手

黒田博樹選手

丸佳浩選手

鈴木誠也選手

と、広島東洋カープファンでもないし、サッカー部だったワタクシでも知っている名前ばかりです。

小早川毅彦選手は、あの怪物江川卓選手に引導を渡すホームランを打った打者として、名をはせていますね。

巨人ファンだったワタクシは、よく覚えています。

金本知憲選手は現・阪神監督で、現役時代はアニキと慕われた名選手で、名球会入りを果たしたスラッガーです。

黒田博樹選手は、大リーグのドジャース、ヤンキースでも活躍し、先発のみで200勝を達成した男気溢れるピッチャーです。

苑田聡彦さん曰く、「ウチは、戦力にかける資金も限られるから、FAにも、ほとんど参戦しない。だからこそドラフトでは、競合は避け、確実に『一番必要な選手』を獲りにいくことが求められるんです」
とおっしゃいます。

広島東洋カープは、FAに参戦しないし、選手の年俸も高いとは言えません。

広島の市民球団という認識があるので、余分なお金は使わないんですね。

選手を見極めるために、各スカウトには選手を見るときのポイントを、20項目ぐらい伝えているそうです。

それはユニフォームの着こなしや、グラブの使い方、軸足の向きなど、細かいことまで決められています。

ただし、それと同じくらい『惚れたら惚れ抜け』とも伝えているそうで、直感に勝る確信が一番なんだそうです。

黒田博樹選手は高校時代、控え投手だったのは有名な話ですが、そんな黒田選手を専修大時代に見た苑田聡彦さんは「一目惚れした」といいます。

「いいピッチャーは投げ方だけじゃなくて、立ち方、走り方、シルエットすべてが格好いいものなんですよ」

また、苑田聡彦さんは「母親を見せてもらえれば、いい選手かどうかわかる」と言うそうです。

母親が「おてんば娘」のほうが、選手として成功していることが多いからだそうです。

また、2016年に39歳でMVPを獲得した新井貴浩選手は、体がめちゃくちゃ強いそうで、苑田聡彦さん曰く100万人に一人の逸材だそうです。

新井選手に限ってはスカウトの力ではなく、超一流の体があったからこそだとおっしゃいます。

現に、大学生の新井選手を見たときの感想は、プロでは使えないというものだったそうです。

どんなに目利きの優れたスカウトでも見えないものってあるんですね、

またそれを素直に認めるからこそ、あくなき努力を続けることができる、名スカウトたる所以なんでしょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

さすがプロフェッショナルに取り上げられる人は違いますね。

言葉の端々に結果を出してきた人間の凄味があります。

レベルが上がれば上がるほど、技術の差はほとんどないと言います。

苑田聡彦さんの言われることは、技術よりも体力と、人間性だということなんですね。

そんな苑田聡彦さんが出演するプロフェッショナル仕事の流儀は、22:00~NHKにて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする