結露ができる理由と、結露を防止できるおすすめスプレー厳選5選ご紹介!

こんばんは。ちょこざえもんです。

冬になると、部屋の窓が結露してカーテンやサッシが濡れている…

結露のせいでサッシのゴム部分にカビが生えて黒ずんでいる…

冬の間の結露は困りますよね。

けれど、諦める必要はありません。

結露を防止する便利グッズが沢山販売されています。

今回は、結露防止用のスプレーをご紹介します。


なぜ結露が出来るのか

私たちの周りの空気には、ある程度の水分が含まれています。

目には見えませんが、空中には水蒸気が漂っているのです。

どのくらい水蒸気を含むことができるかは、空気の温度によって決まります。

そして空気が冷たいほど、水分を含むことができる量は少なくなるのです。

そのため、空気が冷やされると、含みきれなくなった水分が水滴となってあふれ出てしまいます。

これを冬場のお部屋で考えてみましょう。

部屋の中で温められた空気が、窓の冷気で冷やされたら、部屋の中で沢山含んでいた水分が、水滴となってあふれてしまいます。

そしてあふれた水分が窓に付く現象が、結露なのです。

つまり結露は、部屋の中と外の温度差で生じています。

結露防止スプレーを選ぶポイント

  • 断熱性をプラスしてくれる

結露は、部屋の中と外の温度差で発生します。

そのため、結露防止スプレーの中には、「断熱性」をプラスしてくれる商品があるのです。

断熱性があがれば、温度差がなくなるため、窓につく水滴の量が減ります。

また、エアコンの効果も高まり、省エネ効果も期待できます。

  • 防カビ効果をプラスしてくれる

結露が続けば、サッシのゴム部分にカビが生えやすくなります。

そこで、結露防止スプレーを選ぶなら、防カビ効果をプラスしてくれるものを選びましょう。

  • 拭くタイプなら、普段のおそうじの代わりに

スプレーには、吹きかけるだけでOKなものと、布などで拭かなければならないものがあります。

拭く方が一見面倒ですが、実はこれ、普段のお掃除の代わりになるので一石二鳥です。

おすすめ結露防止スプレー

人気の結露吸水スプレーを集めてみました。

ぜひこの中から、ご家庭にぴったりのスプレーを見つけてください。

  • 結露吸収スプレー ”トドマール”

このトドマールは、ガラスの結露を吸収する効果とガラスのゴム部分に発生するカビを防止する効果のある1本2役のスプレーです。

使い方は簡単で、まず結露がついた窓にスプレーすると、結露が窓の上で防カビ剤に変わります。

この防カビ剤が、乾くと透明な膜になってくれ、結露を防止してくれます。

結露対策の効果は、約1ヶ月と長めなのも嬉しいポイントです。

  • 結露抑制 夏はヒンヤリ 冬はポカポカ 窓用省エネスプレー 寒い暑いその時

こちら、商品名が長いですが、こちらも結露の生成を抑制してくれるスプレーです。

どういう仕組みかと言うと、この商品には、何と断熱効果のある膜を作る効果があります。

そのため、窓にこのスプレーをふきかけると、窓の断熱効果が高まり、結果、空気が冷えにくくなり、結露が生じにくくなるのです。

また、冷暖房もよく効くようになるため、省エネ対策にもなります。

効果が約1ヶ月というのも嬉しいポイントです。

  • 結露防止スプレー

こちらは、断熱効果と防カビ効果のあるスプレーです。

使い方は、窓ガラスに吹きかけるだけで、結露が防止できるスプレーになります。

持続期間が、約1ヶ月なので、こちらも嬉しいですね。

  • 結露キーパー

こちらの商品は、ガラスに吹きつけるだけで、結露を吸収してくれる、高分子ポリマーの透明吸水膜をつくってくれます。

この膜があれば、結露によって、窓から水滴が垂れることはなくなります。

また、防カビ効果もプラスしてくれます。

  • 結露の水だれ防止スプレー

こちらの商品は、撥水効果のあるスプレーです。

スプレーをかけて窓ガラスを拭くだけで、ガラス面に撥水効果が生まれ、結露を防ぐことができます。

しかも、窓ガラスを拭くため、窓のふき掃除の代わりにもなって、一石二鳥です。

約30日間、効果が持続します。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日は結露を防止できるスプレーをご紹介しました。

冬の大敵、結露から家をしっかり守るために、ぜひ参考にして下さい。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする