メンズコートの種類は?ビジネス&カジュアル、シーン別のおすすめ!

こんばんは。ちょこざえもんです。

寒い季節になってきました。

外回りが多い男性には寒さが辛い季節ですよね。

そんなビジネスシーンを暖かく包んでくれるのは、やっぱり暖かいコートです。

男性がコートを選ぶポイントは、コートを着る場面に合わせることです。

オフィスシーンなら、スーツの上から着てもおしゃれなコートを、オフィスカジュアルスタイルがOKのお仕事の方なら、カジュアルな服に合うコート選びが必要です。

でも、コートの種類が多くて、意外と選ぶのは大変ですよね。

そこで今回は、シーン別のおすすめメンズコートの種類をご紹介します。

シーン別おすすめコート

オフィス(スーツ)に合うコート

スーツの上から羽織るのにおすすめのコートはこちらです。

・チェスターコート

チェスターコートは、丈の長いジャケットのような見た目で、オフィスシーンでも活躍するきれい目のコートです。

スタイルがよく見える点もおすすめです。

出典 洋服のあれこれ

・ステンカラーコート

こちらも長めの丈のコートで、上品な雰囲気がおすすめのコートです。

こちらもスタイルがよく見えます。

出典 ZOZOTOWN

・トレンチコート

オフィスシーンにも大活躍の定番コートです。

真冬には少し防寒性が心配かも知れませんが、外にあまり出なければ、問題ありません。

軍事用のコートというだけあって、シャープな印象に着こなせます。

 

・キルティングコート

キルティングコートとは、「キルト」という綿入りの生地で作られたコートです。

防寒性は抜群なのに、ダウンほど厚みがないため、スーツの上からでもスタイリッシュに着ることができます。

しわにもならないため、外回りのお供におすすめです。

出典 マルイ公式サイト

カジュアル服に合うコート

カジュアルスタイルの方にはこちらがおすすめです。

・モッズコート

モッズコートとは、軍事用のコートに由来するデザインのコートです。

力を入れすぎていないデザインが大人の余裕を感じさせる1着です。

出典 wear.jp

・ダッフルコート

ダッフルコートは、トグルという爪のような留め具とフードが特徴の冬の定番コートです。

スニーカーにも革靴にも合わせやすい万能な1着になってくれます。

出典 LOHACO

・ライダース

ライダースは、カッコいい感じにも、カジュアルにも着こなせる意外に万能なデザインです。もともとバイクに乗る人たちが着ていた服のため、防寒性も高いです。

出典 ビームス

・ノーカラーコート

襟がないため、柔らかい印象に見えるコートです。

首元がさみしく、ちょっと合わせるのが難しい上級者向けのコートですが、おしゃれ好きならぜひ挑戦してもらいたい1着です。

出典 ZOZOTOWN

お出かけに合うコート

デートなどのお出かけにおすすめなコートはこちらです。

・Pコート

Pコートとは、ボタンがダブルのショートコートになります。

素材はウール地でデザインはややかっちりした印象になり、カジュアルなコーディネートに羽織ると、かっちり感が出ておしゃれです。

生地が厚手なので、屋外のお出かけもばっちり楽しめます。

出典 マルイ

・ムートンコート

ふわふわのムートン生地が高級感を感じさせるコートです。

ボリュームがあるため、細身のパンツと合わせるとスタイルが良く見えます。

保温性も抜群なので、屋外のデートにもおすすめです。

出典 ZOZOTOWN

・ダウンコート

ダウンコートは、真冬のアウターの定番ですね。

ダウンコートは、ダウンジャケットより丈が長めで、落ち着いた大人の印象を与えてくれます。

丈は、お尻が隠れるくらいのものが使いやすく、この丈なら、革靴でもスニーカーでも合わせやすい万能の1着になってくれます。

出典 UNIQLO

まとめ

いかがだったでしょうか。

シーン別におすすめのメンズコートをご紹介しました。

ぜひあなたに似合う、この冬のお供を見つけて下さいね。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする