40代の男性におすすめ、カッコいいメンズスキーウェアの選び方

こんばんは。ちょこざえもんです。

スキーは、今も昔も大人気のウインタースポーツです。

マイボイスコム株式会社が2005年に行った好きなウインタースポーツのアンケートでは、スキーが44.7%で1位という結果でした。

これは、2位のスノーボードの10.4%をはるかに上回る人気を見せています。

そんな大人気のスキーについて、今回は、40代男子におすすめのスキーウェアの選び方をご紹介します。

ぜひ最後までお付き合いください。

40代男子のスキー経験者はどのくらい?

40~50代のスキー経験者の割合について、観光庁の平成27年の調査によると、スキーを1度もやったことがない人が30.8%、過去5年以内のスキーを行った人が10%、そしてスキーをやったことがあるけれど5年以上やっていない人が59.3%という結果でした。

この結果から、40代~50代からは、昔やったけれど今はやっていないという、「スキー中断者」が多いことがわかります。

スキー人気のピークは、1990年代です。

40代男子と言えば、このころ、学生~20代という世代ですから、この頃、恋人や若手の同僚などとスキーを楽しんだ人たちが、最近はスキー場に行く機会もなくなり、スキー中断者となっているのかも知れませんね。

おすすめのスキーウェアの選び方3

  • 性能で選ぶ

スキーウェアのブランドからは、毎年新作のウェアが発売されています。

その価格帯は安価なものから高価なものまで様々で、高価なものほど、一般的には性能がよい商品が多くなっています。

スキーウェアで重視される機能は、耐水圧と透湿性です。

一般的には、耐水圧が10,000mm以上、透湿性は10,000g以上あればスキーウェアとして十分と言われており、これ以下だと不快に感じる人が多いようです。

過去にスキーを経験した方なら、スキーウェアを持っている人もいると思いますが、古いウェアは、当時の性能が劣化している場合もあります。

使ってみて、水が染みてくるのが早いと感じたり、見た目にもちょっと色褪せているな、と感じたりすれば、買い替え時と言えます。

  • ブランドで選ぶ

40代男性が、あまりに素材の安っぽいウェアを着ていると、ちょっと見映えが悪いです。

やはり、ちょっと重厚感のある若すぎないブランドウェアをさっと着こなしたいですね

  • カラーで選ぶ

カラーは好みのものでOKです。
もちろんダークカラーでも構いません。

ただし、単に派手な色が苦手という理由で、ダークカラーに統一すると、ただ地味な人になってしまいます。

ゲレンデでは、赤や黄色、オレンジなどの色でも、派手に見えることはないし、見映えがするのも、こうした鮮やかなカラーなのです。

おすすめは、ブルーなどの寒色系カラーの上着にダークカラーのズボンを合わせるスタイルです。

寒色系は、スタイリッシュに見える上、地味に映ることもなく、程よくゲレンデになじむことが出来ますよ。

40代男性におすすめのスキーウェアブランドはこちら

機能性、デザインともに40代男子におすすめのスキーウェアブランドをご紹介します。

2万円~3万円の商品ラインもあるブランドを集めているので、予算に合わせて、お気に入りの一着を探してみて下さいね。

  • ORAGE(オラージュ)

ジャケットのデザインがとてもおしゃれです。

大人っぽい重厚感のある色使いが多い点も大人の男性にぜひ着てもらいたいブランドになります。

  • ONYONE(オンヨネ)

有名なスキーウェアブランドです。

ベーシックなデザインが豊富なので、長く使えるウェアを選ぶならおすすめです。

  • Columbia(コロンビア)

アウトドアっぽいデザインが自然体で人気のブランドです。

大人の男性が着ると、こなれ感が出ておしゃれに見えます。

  • Marmot(マーモット)

ベーシックなデザインで、カラーバリエーションも豊富です。

価格も良く、上着だけなら1万円代からあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ぜひ素敵なウェアで楽しい思い出を沢山作ってください。

久しぶりの方は、ケガ防止用のサポーター等もお忘れなく。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする