藤田倭のプロフィールと経歴。大谷もびっくりの二刀流!3冠王の次世代エース

こんばんは。ちょこざえもんです。

今週の情熱大陸には、女子ソフトボールの「藤田倭投手」が出演します。

女子ソフトボールのピッチャーと言えば、上野由岐子投手が長年絶対的なエースとして君臨してきましたが、とんでもないピッチャーが現れました!

今日は「最多勝・本塁打王・打点王」の三冠と言う、信じられないような成績を残した、藤田倭投手のプロフィールや経歴を紹介させていただきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

藤田倭のプロフィールと経歴

出典 BSジャパン公式サイト

それでは、早速プロフィールからご紹介させていただきます。

《プロフィール》

藤田倭(ふじたやまと)

生年月日:1990年12月18日

年齢:26歳

ニックネーム:やま、やまと

出身地:大阪府

身長:165センチ

所属:太陽誘電女子ソフトボール部

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

趣味:カメラ、自転車

球速:最速111km

好きな歌手:ワンオクロック

好きな食べ物:ラーメン

《経歴》

大阪出身と言われていますが、中学は佐賀県の佐世保市立崎辺中学校だそうで、ここでソフトボールを始めたそうです。

そのころからかなりのスピードボールを投げていて、高校はスカウトされて佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校に入学します。

高校では、1年生の時に高校総体で、2年生の時は国体でそれぞれ優勝を果たしています。

高校卒業後は、大学には進学せずに、社会人チームの太陽誘電に入社し、その年新人王を獲得するなど活躍をしました。

その活躍が認められ、2012年からは日本代表に選出されるようになりました。

と、ここまでさらっと書きましたが、めっちゃ順調じゃないですか?

才能なんでしょうか?努力なんでしょうか?そのどちらもなんでしょうね!

《代表歴》

2012年 カナディアンオープン・世界選手権

2014年  第9回 ワールドカップ・ カナディアンオープン・ 大垣国際カップ・ 世界選手権・ 第17回アジア大会

2015年 日本U24-A代表・ 第10回 ワールドカップ・カナディアンオープン・ジャパンカップ

2016年 日本U24-A代表・ Down Under Series ・日米対抗・ 第11回 ワールドカップ・ 世界選手権・ ジャパンカップ

2017年 日本代表強化指定選手・第6回 東アジアカップ・日米対抗・第12回 USワールドカップ・カナダカップ

藤田倭のプレースタイルと性格

藤田倭投手のすごいところは、何と言ってもピッチャーとバッターの二刀流です。

しかも、「最多勝・本塁打王・打点王」という、マンガかよ!ってつっこみたくなるような凄さです。

太陽誘電の山路典子監督曰く、「7割、8割の力で打っていい場面でも必ず100%の力で振る」、「これだけ振っても高い打率を残すというのは私の理論ではあり得ない。投手としても彼女なしにチームは成り立たないし、全てが規格外」と話しています。

さらに日本代表宇津木監督も「球の速さこそ上野にはかなわないが、(バットの)スイングの速さは世界ナンバーワン」とかなり高い評価を与えています。

藤田倭投手は実力があるだけに、以前はイライラしては周りと衝突したり、わがままな一面があったそうです。

しかし、日本代表に選出され絶対的エースの上野由岐子投手と出会い、エースとして保証されている所属チームとちがい、代表は常に厳しい競争が待っています。

2014年の世界選手権で、予選は藤田倭投手が投げ、決勝は上野由岐子投手が投げぬいたことで、日本代表の優勝に貢献したものの、この厳しい競争の中でどうしたら生き残れれるのか、真剣に考えるようになったそうです。

さら2016年の世界選手権では、上野由岐子投手がケガで代表を辞退したため、予選から決勝まで計7試合に登板しましたが、残念ながら決勝で日本はアメリカに敗れて3連覇を逃してしまいます。

エース上野由岐子投手が不在、という大きな穴が浮き彫りとなったことで、「もっと活躍する選手にならないといけない」と日本のエースということを強く意識するようになったそうです。

そして3冠王、さらには2017年JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会では、アメリカにサヨナラ勝ちしMVPを獲得しました!

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで、藤田倭投手のプロフィールと経歴及び性格などについて紹介させていただきました。

ソフトボールは、3大会ぶりに東京オリンピックでの復活が決まっていますので、藤田倭投手が投打に大活躍してくれることを期待したいですね!

今度の情熱大陸は、11月12日、23:00~TBS系にて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする