クリスマスケーキの由来、伝統の味は国によってこんなに違う!

こんばんは。ちょこざえもんです。

クリスマスといえば、なくてはならないものの一つがクリスマスケーキですね。

日本初クリスマスケーキは1922年、不二家が特別ケーキとして販売したのが始まりでした。

それ以来、”クリスマスにはケーキ”が定着していき、日本のクリスマスケーキといえば市販のものがたくさん売られています。

日本のスポンジはしっとりと軽く、どっしりと重い海外のものとは違いますね。

そしてその味だけでなく、デコレーションの楽しさ、繊細さは世界に誇るものと言えるでしょう。

マジパンで作られたサンタクロースやトナカイ、小さなツリーやプレゼントなどのデコは日本人特有の器用さからできています。

そこで今回は海外のクリスマスケーキはどんなケーキなのか、その由来についても紹介していきたいと思います。

是非最後までお付き合いください。


本場ヨーロッパ各国のクリスマスケーキはどんなもの?

ヨーロッパといってもそれぞれの国に歴史と伝統があることから、クリスマスケーキをみても全然違うのが面白いところではないでしょうか?

早速、イギリスとフランスをみてまいりましょう。

①イギリスのクリスマスケーキ

イギリスではプディングという言葉は日本でいうデザートの意味で使われます。

ですのでプリンというわけではないのです。

さて、典型的なクリスマスのプディングは”クリスマスプディング”です。

日本のケーキとは全く違う、オーブンで焼き上げたどっしりとしたケーキです。

ケーキの中にはドライフルーツがたっぷり入っていて、食べる際には部屋を暗くしてケーキにブランデーをかけ火をつけて、青白い炎をみて盛り上がり消えたところでカット、シングルクリームを添えていただきます。

市販のものもたくさんありますが、各家庭のレシピがあり、何日も前から作られるのもクリスマスの風習の1つになっています。

イエスの誕生を待ち望む待降節、クリスマスイヴの4週間前の日曜から始まりますが、そこからさかのぼって1週間前の日曜を”Stir-up Sunday”とし、昔は家族全員が揃ってこのケーキを作る日とされていました。

Stirはかきまわす、Stir-upで奮起するといった意味で、これが英国国教教会の祈祷書の一節に由来するのです。

イエスとその弟子12人、計13人にちなみ、13種類の材料が使われまた、全ての材料を家族がそれぞれ願い事をしながら1回ずつかき回す風習もあります。

このように、クリスマスプディングなしではイギリスのクリスマスは語れないのです。

②フランスのクリスマスケーキ

クリスマスケーキはクリスマスを祝って食べるケーキとして19世紀にフランスで作られるようになりました。

「ブッシュ・ド・ノエル」が起源です。

フランス語でノエルがクリスマス、ブッシュが丸太の意味です。

ブッシュ・ド・ノエルは、薪を横にしたイメージのケーキで、ロールケーキの表面をチョコレートクリームやココアクリームでおおった後、フォークでひっかくように筋をつけると薪に見立てられます。

なぜ薪なのかというと、かつてヨーロッパの各家庭は、12月の上旬に大きな薪を焼いて冬至をお祝いしたからなんです。

デコレーションもしやすい可愛いケーキのせいか、日本でも手作りのブッシュ・ド・ノエルを作る家庭がありますね。

まとめ

いかがでしょうか。

イギリス、フランスの他にもイタリアのパネトーネドイツのシュトーレンなどなど、それぞれの国にずっと伝えられてきているオリジナルのクリスマスケーキがあります。

今年はヨーロッパのどこかの国のクリスマスケーキを作ったり買ったりして、ちょっと違ったクリスマスにしてみるのも楽しいかもしれませんね。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする