松本晃のプロフィールと経歴。カルビー社長はホラ吹きなプロ経営者!儲けの極意とは

こんばんは。ちょこざえもんです。

毎週楽しみにしている、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」ですが、今週は子供のころには誰もがお世話になった菓子メーカー「カルビー」の社長松本晃さんが登場します。

プロ経営者として、カルビーの社長となった松本晃さんのプロフィールと経歴をご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

松本晃のプロフィールと経歴

出典 ウェブゲーテ 公式サイト

名前:松本 晃(まつもと あきら)

生年月日:1947(昭和22)年 7月 20日(70歳)

職業・役職:カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO

出身地:京都府

出身大学:京都大学大学院農学部修士課程修了

肩書:国立大学法人東北大学 未来工学治療開発センター客員教授

米国医療機器・IVD工業会(AMDD)顧問

京都府東京経済人会 会長

地方独立行政法人長崎市立病院機構 副理事長

NPO法人日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会 理事長

《経歴》

1972年 伊藤忠商事入社

1986年 伊藤忠商事子会社 センチュリーメディカル 取締役営業本部長就任

1993年 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人入社 代表取締役社長、会長、最高顧問を歴任

2009年 カルビー株式会社 代表取締役就任 現在に至る

松本晃さんは高校卒業後、京都大学農学部に入学しますが、本当は経済学部に入りたかったそうです。

しかし当時の学力では難しく、でも浪人はしたくないということで、農学部にしたそうです。

子供のころから、お金に興味があったそうで、それが自身が成長するに従い、経済活動に関心を持ったことが、経済学部を希望した理由なんだとのことです。

そんな松本晃さんは、すぐに仕事で成果を出します。

京都大学大学院を卒業し、最初に入社した伊藤忠商事では売りに売りまくったそうです。

伊藤忠商事で売り方をマスターした松本晃さんは、39歳の時出向先の大赤字の会社、センチュリーメディカルで売上を6年間でなんと20倍にしたそうです。

その実績を知った、企業23社からオファーを受け、45歳の時にジョンソンエンドジョンソンに入社しますが、ここでも自身が率いていた事業本部を6年間で売上高5倍、52歳で社長に就任すると、それから9年間で売上高を4倍に、さらに利益を30倍に増やすことに成功しました。

そして現在、カルビーの社長兼会長として、60年以上も続く老舗企業を今度は就任以来8期連続増収増益を達成するなど、まさにプロ経営者と呼ぶにふさわしい活躍をされています。

なんでそんなにすべてうまく行くんでしょうか?

ワタクシたち凡人といったい何が違うんでしょうか?

松本晃さんの凄いところ

松本晃さんは、これまで多くの実績を挙げてきましたが、どれも難しいことはやっていないと言います。

基本になるのは、「倫理観」だと、分かりやすく言えば「おてんとさまが見ている」ということだとおっしゃっています。

会社というものは、ただ儲ければ良いというものではありません。

ビジネスで大事なのは、「世のため人のため」と「儲けること」だと、ハッキリと言い切っています。

凄く単純な言葉ですが、人のためになって、さらに儲かる、考えてみればすごく当たり前のことなのに、なんか理想的すぎて忘れてしまっていました。

松本晃さん曰く、会社が儲かる為には、基本的に3つの要素があるんだそうですが、順番に並べていくと・・・

①商品の品質が良い

②低コストである

③供給体制が整っている

ことだそうですが、カルビーは①と③は良くできていたそうですが、②の意識がなかったそうです。

そこで松本晃さんは、集中購買により購入価格を下げたり、無駄なものを買わないようにすることで、コストを下げました。

そうするとすぐに利益率は良くなるのですが、この時点では儲けないで、コストが下がった分を顧客に還元、つまり価格を下げるのだそうです。

そうするとたくさん売れますから、市場シェアが上がります。

そうなれば当然、工場の稼働率が上がるので、固定費が下がりますから、そこでやっとその利益を会社で取り込む、という単純な理屈だそうです。

とにかく経営者は頭が良すぎるので、いろんな指標を使うことで複雑に、より分かりにくくなり、現場の社員がついてこれないことが、うまく行かない原因だとおっしゃいます。

目標を利益率に絞って、単純化したことが成功の秘訣だそうです。

何事もシンプルな方がやりやすいですよね。

最後に松本晃さんの大ボラを紹介させていただきます。

「2020年に1兆円企業」「業界で圧倒的No.1」といった目標を掲げています。実際にそうなるかどうかはわかりませんよ。魅力的な夢をえがいて、従業員を感化することが大切なんです。

引用 ニッポンの社長 公式サイト

松本晃さんは、「経営者はホラを吹け!」と、壮大な夢を語り、ビジョンを掲げることで、強力な力が発揮されるとおっしゃっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

なんとも凄い経営者ですね!

京都大学卒ですから、頭の固い学者タイプ(失礼)かと思っていたら、現場をこよなく愛する行動派だと知りました。

また、ビジネスはトップが一番面白い、偉くならなきゃダメだと、ハッキリおっしゃっていますね。

そういったことを、包み隠さず言われるところも、松本晃さんの魅力なんだと思いました。

今夜のプロフェッショナル仕事の流儀は、22:25~NHKにて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする