ガイアの夜明けでテルマエ・ロマエの天城荘再生に密着!若女将とリバティーの対決。

こんばんは。ちょこざえもんです。

今夜の「ガイアの夜明け」は面白そうです。

あの映画「テルマエ・ロマエ」で有名な旅館、「大滝温泉・天城荘」が倒産していたということは知りませんでしたが、その有名旅館の再生のドラマだそうです。

そこで、今日は「天城荘」と旅館再生会社「リバティー」について取り上げてみたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

大滝温泉・天城荘

出典 天城荘公式サイト

映画「テルマエ・ロマエ」は見たことがありますか?

主演の阿部寛さんはじめ、北村一輝さん、市村正親さんなど、よくもまあこれほど顔の濃い人を集めたなぁと感心するほど、面白い映画でした。

急に古代ローマ語を話せるようになった上戸彩さんには、ちょっと?と思いましたが・・・

そんなことは置いといて、その舞台になった「大滝温泉・天城荘」が2017年3月21日に民事再生法を申請して倒産しました。

バブル期には年間10億円近い売上高がありましたが、ネットによる情報発信や多様化する旅行者の志向への対応が遅れ、売り上げ減少が続いていたそうで、3期連続の赤字で負債総額は3億2000万円、債権者の9割以上は金融機関だそうです。

窮地に立たされた天城荘ですが、そこに小規模旅館向けの業務支援システムなどを手掛ける、株式会社リバティーが支援に動き、約20人の従業員は継続雇用するということで、4月1日付でそのリバティーの福原良佐社長が新社長に就任しました。

天城荘の佐々木元社長は「私には後継者がなく、天城荘の名前と従業員の雇用、そして七滝温泉の発展を考慮した結果、実績あるリバティーの支援を受けるのが最善と考えた」とおっしゃっています。

しかし、若女将の「田中智与さん」は、天城荘創業者の曾孫ということで、傾いた家業を立て直すために大学に通いながら奮闘していたということもあり、新しいやり方に反発し、多くのトラブルも起きているようで、そのあたりも放送されると思います。

旅館再生のリバティー

今回、天城荘を支援することになった株式会社リバティーについて調べてみました。

出典 リバティー公式サイト

社名:株式会社リバティー

設立:1985年7月6日

資本金:2740万円

社長:福原良佐

従業員数:136名

本社:静岡県静岡市駿河区稲川3丁目2番23号

支店:松本市、郡山市、福知山市、熊本市

株式会社リバティーは、元々小規模事業者向けのソフトウェア開発をしていた会社だったようですが、そういった小規模事業者向けの仕事を通して、経営のノウハウを取得してきたことで、小規模宿泊施設の集客やIT化のサポートをしてきたそうです。

現在、リバティーの経営管理システムは全国2500以上、集客支援サービスは約1200もの宿泊施設に利用されているそうです。

宿探し.com

福原良佐社長曰く、

小規模旅館の多くは、ウェブ対応に人手を割けていない。

情報発信が不足しており、インターネットで調べても検索に引っかからない旅館・民宿も多い。

ということで、宿探し.comをスタートされたそうです。

これまで、小規模事業者向けのウェブサイトの制作や、集客から決算まで支援するソフトウェア開発、ポータルサイトの運営などを行ってきたリバティーですが、宿泊施設の再建は初めての試みです。

超有名な老舗旅館をどのように立ち直らせるのか、非常に興味がありますね。

期待をもって、陰ながら応援したいと思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

テルマエ・ロマエは見るまでは、あまり興味がなかったのですが、韓国旅行の帰りの飛行機の中で、暇でしょうがないので仕方なく見たことを思い出しました。

ワタクシは、天城荘はテルマエ・ロマエのロケ地ということで、興味を持った次第ですが、このブログをご覧いただいたみなさんはいかがですか?

今夜の『ガイアの夜明け』は22:00からテレビ東京系で放送されますので、良かったら放送と合わせてご覧ください。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする