ハロウィンなんでカボチャ?由来と起源は?ジャックオーランタンの逸話

こんばんは。ちょこざえもんです。

ここ数年で一気に盛り上がり、すっかり日本の秋の風物詩に定着した感のある「ハロウィン」ですが、このお祭りにはいったいどんな意味があって、どのような起源に由来するのかという事は、まだまだ知られていないですよね。

カボチャをくり抜いて作ったランプ「ジャック・オー・ランタン」の逸話や、子供たちが「トリック オアトリート!」と、近所を回ってお菓子をもらう風習などの由来も調べてみました。

ぜひ最後までお付き合いください。

ハロウィンの起源とカボチャの由来

ちょっと前までは、ハロウィンって言ってもピンとこなかったと思いますが、最近は仮装して街を歩く人たちや、自宅にカボチャを飾る家庭が増えるなど、一層知名度が上がってきていますね。

しかし、そもそもハロウィンってなんなんですか?

と思う方も多いと思いますので、サクッと整理してみましょう!

まず最初に開催日ですが、ハロウィンは毎年10月31日に開催されます。

よく10月いっぱいはハロウィンだとか、10月31日を挟んだ数日だとか言われることがありますが、ハロウィンは10月31日の1日だけです。

さてハロウィンが日本に伝わったのは、アメリカからだと言われていますので、ハロウィンの起源もアメリカだと思っている方も多いようですが、実は違うんです。

ハロウィンは、古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭が起源であり、その発祥はアイルランドやスコットランドだとされています。

ケルト人の文化では、一年の終わりが10月31日なんですが、いわゆる大晦日のこの日は霊界と現世がつながる日だと考えられていたらしく、ご先祖様だけでなく悪霊もやってくると信じられていたので、その魔よけのために、火を灯したそうです。

欧米から来た文化は、キリスト教に基づいたものが多いイメージがありますが、ハロウィンに関してはケルト人の風習ですから、宗教行事とは違うんですね。

ただし、11月1日のカトリック教会の祭日「諸聖人の日(All Hallows)」の前日であったことから、「ハロウィン(Hallows Eveが変化)」と、呼ぶ様にしたのでは、とも言われていますがどうなんでしょうか?

また、もともとケルト人のハロウィンでは、カボチャじゃなくてカブをくりぬいて中に火を灯していたんですが、キリスト教の普及とともにアメリカに渡ったことで、アメリカではカブはなじみがなかったので、大量に収穫できるカボチャに変わったそうです。

このアメリカのハロウィンが世界中に広まったため、ハロウィン=カボチャという認識になったということですね。

しかし、ハロウィン発祥の地スコットランドでは、今でもカブが使われているそうですよ。

そんなわけで、アメリカナイズが得意の日本では、カボチャを使う方法が広まっているんですね。

また、ハロウィンの夜は子供が悪魔の仮装をして「トリック・オア・トリート!」(お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ!)と言いながら近所を回るのですが、家に来られた大人は大量のお菓子を用意して、子供たちにプレゼントします。

これは、悪霊にちなんでいるので、お菓子をあげないと本当にいたずらされるんですって!

でもこれが近所付き合いと言うか、交流の場ともなっているんだそうです。

ジャック・オー・ランタンの逸話

では、なぜカボチャ(元々はカブ)をくりぬいて、火を灯すことになったのでしょうか?

その逸話をご紹介します。

その昔、アイルランドにジャックという酒好きのろくでなしがいました。

ジャックが酒場で酒を飲んでいると、悪魔が現れ「魂を取ってやる」と脅してきました。

しかしジャックは魂を取られたくはありませんので、「魂をあげるから人生最期の酒を飲ませてくれ」と頼み込みます。

悪魔はその願いを聞き入れ、コインに変化して酒代を払おうとしますが、ジャックは十字架でコインを抑えつけて自分の財布にしまいこみ、悪魔を閉じ込めてしまいます。

悪魔はジャックの魂を取らないことを約束したので、ジャックは悪魔を解放しました。

やがて、月日が経ちジャックは死んだのですが、たくさんの罪を犯していたジャックは当然ながら天国には行けません。

そこで、仕方がないので今度は地獄に入れてもらおうとして、地獄に行ったら、入り口であの時の悪魔に出会いました。

ジャックは地獄に入れてくれるように悪魔にお願いしましたが、悪魔はあの時の約束があるから魂は取らないと地獄に入れることを拒否しました。

ジャックは仕方なく元来た道を引き返しましたが、その道は暗く寂しかったので、悪魔に明かりをくれるように頼みました。

すると悪魔は地獄の火をジャックに与えました。

ジャックはその日を灯すために、道端に転がっていた大きなカブでランタンを作りました。

地獄の火を灯したランタンを持ちながら、あの世とこの世をさまよう者となりました・・・

ジャックは今でもさまよったままだとか・・・

この話が元で、カブで作ったランタンをジャックランタンと呼ぶようになりました。

「ジャック・オー・ランタン」という言葉は、「ランタン(ちょうちん)のジャック」という意味です。

やっぱり人をだますのはいけませんね。

怖い怖い・・・

まとめ

いかがだったでしょうか。

まだまだ夏真っ盛りですが、ちょっと忙しくしていると、あっという間に秋です。

今年のハロウィンは、いつもはクールに流している人も、ちょっと乗っかってみませんか?

それでは今日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする