ビンジ飲酒でケガが25倍!実は日本人は大酒飲み?法律で飲み放題がなくなる?

こんばんは。ちょこざえもんです。

突然ですが、『ビンジ飲酒』って知っていますか?

ワタクシは、最近知った言葉なんですが、簡単言うと短期間の多量の飲酒を指す欧米の用語だそうです。

そのビンジ飲酒をすることによって、転んだりケンカをしたりで、ケガをするリスクが25倍に増えたとの研究結果がでたそうなので、ビンジ飲酒についてちょっと調べてみました。

ビンジ飲酒ってなに?

皆さんは酒に酔った勢いで、何かしでかしてしまったことはありませんか?

ワタクシは、なんどもあります。

若いころはケンカをしたり、女の子をナンパしたり、飲酒運転で事故ったり、思い出すだけで恥ずかしくなります。

酒に酔って「覚えていません」なんて言う、飲酒がらみのトラブルも多いですよね。

まずは『ビンジ飲酒』の定義と研究結果から

米疾病対策センターなどの基準では、男性は2時間以内に酒5杯(日本人の場合は純アルコール50グラム)、女性は4杯(同40グラム)以上となっている。
アルコール度数5%のビール500ミリリットル缶で換算すると、男性で2.5本、女性で2本に相当する。

筑波大の吉本尚講師を中心とする研究チームは2013年、三重県内の3大学で健康診断を受けた20歳以上の大学生、院生2842人に、ビンジ飲酒の経験などについてアンケートを実施した。

全項目に回答した2177人分を分析したところ、けんかや不注意による転倒など、飲酒した際に何らかのけがを経験した人は107人に上り、うち104人は年1回以上ビンジ飲酒をしたことが分かった。

年齢や性別による影響を除外して解析すると、ビンジ飲酒をした人は、そうではない人の25.6倍もけがをしていたとの結果になった。

引用 毎日新聞

ビンジ飲酒は日本の定義ではないのですが、WHOにHeavy epispdic drinking過去30日以内に少なくとも1回、60g以上飲酒=ビール中瓶3本以上)という定義があり、ビンジ飲酒と同じ問題意識(事故など、飲酒による急性の害に関する重要な指標)なので、多くの国がこのあたりの量をビンジ飲酒としているそうです。

ちなみに日本では、健康日本21(第一次)で、 1日平均60グラムを超える飲酒を多量飲酒と定義しています。

日本人は大酒飲みなの?

アメリカのビンジ飲酒の定義によると、2時間でビール2~3杯とのことですが、実際に飲みに行って、中ジョッキを2時間かけて2~3杯なんて飲み方の人は少ないのでは?と思いますがどうでしょうか?

例えば、夏真っ盛りの今、仕事が終わって飲みに行ったことを想像してみてください。

まず、『生!』と頼んで、『カンパーイ!』ってやってグビグビ半分ほど飲んで、枝豆を軽くつまんでハイ!お替り。

2杯目が飲み終わったところでも、まだ30分くらいしか経過していないのではないでしょうか?

そんなペースじゃ、2時間で5杯6杯行っちゃう人も多いんではないでしょうか?

ましてや飲み放題なんて行った日にゃ、損しちゃまずいとばかりに飲みまくりますので、もっと行っちゃいますよね!

と思ったら、WHOのデータによると、日本のHeavy epispdic drinkingの割合は、男性36.9%、女性12%ということですが・・・

なんとアメリカは、男性30.9%、女性17.3%ですから、男性に関しては日本のほうが多いということになります。

また、オーストラリアは、男性19.1%、女性6.3%、韓国は、男性21.6%、女性0.3%とかなり低いですね。

韓流ドラマなどを観ていると、マッコリをグビグビ飲んでるシーンがたびたび登場しますが、イメージほどではないんですね。

ワタクシはフランスワールドカップを観戦に行ったのですが、その時のブラジル人サポーターはめっちゃ酒飲んでましたけど、そんなブラジルでも男性29.9%、女性11.1%なんですって!

美食の国フランスは日本より高いものの、ビール大国ドイツは日本より低かったのですが、そんなデータから、いかに日本が酔っ払い天国なのか初めて知りました。

*数字はWHOのホームページから抜粋しました。

よく、酒は百薬の長などと言われますが、アルコールを全く飲まない人より、11〜19g飲む人のほうが、死亡率が低くなっていると言われています。

適度な飲酒としては、1日平均20g以下(ビール中瓶1本、日本酒なら1合、ウイスキーならダブルで1杯)が望ましいとしていますが、女性や顔の赤くなる人、高齢者(65歳以上)はこの量より少なく(10g程度)がちょうどいいと言われています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日は『ビンジ飲酒』について書きましたが、意外と日本人って吞兵衛が多いんですね。

適量が良いのはわかっていても、お酒って飲んだら気分が大きくなっちゃって、細かいことは気にしなくなっちゃうんで、ほどほどって難しいですよね。

2013年12月に「アルコール健康障害対策基本法」が成立したことをうけて、2017年4月1日に厚生労働省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が開設されましたので、世の吞兵衛たちが「飲み放題が禁止される!」と騒ぎだしましたが、厚生労働省は「飲み放題の禁止は考えていない」との見解を述べました。

ということで、今すぐに飲み放題が禁止になることはないでしょうが、お上の二枚舌は得意ですから、いつ規制されるか分かりませんね。

やっぱりほどほどが無理なら、いっそのことお酒呑むのやめちゃいます?

それでは今日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする