郡司政男のキティハウスはどこ?ギネス認定の1万個以上のグッズと奥さんの理解

こんばんは。ちょこざえもんです。

昨年ハローキティのコレクションで、ギネスに認定された『キティおじさんこと』郡司政男さんが、明日放送の「マツコの知らない世界」に出演されるそうなので、プロフィールと噂のキティハウスの住所などを紹介しますので、良かったらご覧ください。

郡司政男のプロフィールと経歴

名前:郡司政男(ぐんじ まさお)

年齢:67歳

職業:元警察官

出典 千葉日報オンライン

郡司政男さんは、高校卒業後、警視庁に入庁し、地域課や機動隊などで勤務しました。

ちなみに、お父さんも千葉県警の警察官で、剣道の指導者でもあったそうです。

厳格なお父さんはキティ集めを良く思っていなかったそうで、お父さんが他界する前は、自宅の2階にコッソリ隠すように集めていたそうです。

でもそりゃあそうですよね。

いい大人になった息子がキティちゃんを集めてたら、親としてはねぇ。

コレクターになったのは、約30年前に職場の慰安旅行で行った、観光地でキティのストラップを買ったのがきっかけだそうで、そのかわいらしさに夢中になったんですって。

その理由は「厳しい仕事だったから、キティを見ていると癒やされて『明日も仕事を頑張ろう』という気持ちになれた」とインタビューでおっしゃっています。

ちなみに奥さんは、郡司良子さんという方で、年齢は77歳、9歳年上の姉さん女房なんです。

そんな郡司さん夫婦が結婚したのは、6年前のことで、郡司政男さんが60歳で、良子さんが71歳だったとのことで、お互いに長い間独身だったようです。

人生の後半に差し掛かってからの素敵な出会いは本当に良かったですね。

そういった事情から、お子さんはいらっしゃらないようです。

ギネス認定までの費用とキティハウスの住所

30年間かけて収集したコレクションは、何と1万点以上。

どんなものをお持ちかというと、ぬいぐるみ、弁当箱、タオル、文房具、オートバイのヘルメット、時計、台所グッズなど、キティに関連するありとあらゆるグッズだそうです。

ちなみに「レディー・ガガが愛用しているバッグと同じモデルもある」そうですよ。

そしてついに、2016年11月23日、コレクション数で最大のハローキティコレクション(argest collection of Hello Kitty memorabilia)のギネス記録に認定されました!

8時間という制限時間があるので、時間内で審査できるように、すべてのコレクションはもちこまず、厳選して5250点を選び出しましたが、「赤いリボンのもの以外は認めない」など厳しい基準を越えられず約80個が失格となったものの、5169個が認定され見事ギネス認定となりました!

ギネス認定後には、世界各地から、キティちゃんファンがキティハウスを訪れているそうですが、このキティハウスは約1000万円かかっているそうで、グッズ購入費用が約2000万円なので、総額ではなんと3000万円オーバーだそうです。

また今も、自宅から2時間半かけて『多摩センターのサンリオのピューロランド』まで通い、3ヶ月に一回は、一日に10万円分のキティグッズを買うそうです。

しかも郡司政男さんは車の運転ができないので、毎回奥さんの運転で行っているんですって。

《キティハウス》

出典 千葉日報オンライン

住所:千葉県四街道市栗山

*千葉県四街道市栗山

近所の人も遊びに来るそうなので、住所の詳細は分かりませんが、車で行けそうな方は探してみるのも面白いんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今週のマツコの知らない世界は、8月1日(火)20時57分~TBS系にて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする