上西小百合議員の事務所に浦和レッズサポーターが殴り込み?秘書はクラブに抗議?

こんばんは。ちょこざえもんです。

上西小百合議員の炎上が止まりませんね。

上西議員が何をしようと、どうでもいいはずだったのですが、ワタクシの大好きなサッカーに関しての暴言なので、ひとこと言わせていただきたくなっちまいました。

しばしお付き合いくださいませ。

そもそもの騒動の発端は?

上西議員は炎上商法で存在感を発揮しているので、今更プロフィールを語るまでもありませんね。

ということで、早速今回の騒動を振り返ってみましょう。

出典 上西小百合公式サイト

まずは、

上西議員は15日にサッカーJ1浦和が2―3で逆転負けしたドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートし、浦和のサポーターから批判が集中。さらに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とツイートして“炎上”。

それから、

今日テレビ取材があったけれどレッズサポーターを敵にして怖くないですかと質問された。なんで?と本気で思った。政治家がそんな事考えて街に出れるんだろうか。政治や経済は自分の利益を重視するけれど、スポーツや文化はある意味それを超える最大の武器。ただ私は収束させる気はなく近々浦和に行く。

さらに秘書が、

明日、浦和の事務所に連絡する。内容は埼玉スタジアムに観戦に行く。チケットはこちらで用意する。SPはいらない。万一の事があってもレッズには何も求めない。上西小百合に対しレッズサポーターを名乗る人間から複数殺害予告が事務所にきている以上、政務公務に支障をきたすのでハッキリさせに行く

そうこうしているうちに、

22日午後、浦和レッズのファンと名乗る中年男性2人が上西氏の事務所に押しかけてきたという。上西氏はこの日、終日テレビの密着取材を受けており、ビルの2階にある事務所に戻った際に2人がやってきて、「埼玉からやってきた」「レッズファンだ。お前はなんだ!」などと猛抗議。

この直後上西議員は、

「くたばれレッズ!」

と泥仕合を展開しようとしています。

何が問題なのか?

くだらないですよね。

どうでもいい話です。

正直、上西議員の言うように、「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」

って言っている意味は分かります。

たぶんサポーターに対して、冷めた目で見ている人は同じように思っているんじゃないでしょうか?

それはサッカーだけでなく、プロ野球でもそうです。

自分自身を成長させて、世の中に貢献するように努力しろ!

人の応援なんかしてるヒマなんかないだろー!

そもそも他人のやっているサッカーの結果に一喜一憂してられるか!

ってことだと思うんです。

しかしワタクシが問題だと思うことは2つあります。

まずは、言い方です。

『他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ』

って言葉に品がないですよね。

国会議員なら、もっと口の利き方に気を付けてもらいたいですね。

ワタクシは、口の利き方の汚い女性は遠慮したいですね。

次に、

『サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。』

あなたは誰かに応援してもらったことがないのでしょうか?

国会議員になったのですから、あるはずです。

ワタクシは中学高校のサッカー部から、クラブチームまでプレーしていましたが、ほんのわずかな人の応援でも嬉しくてやる気がでました。

それは友達だったり、彼女だったりと、ごくごく身近な人だけでもそうです。

さらに、自分は全く知らない人が応援してくれるのであれば、尚更嬉しくて嬉しくて涙がちょちょぎれるほどだと思いますよ。

そんなこともわからない上西議員にむけてこちらをお届けいたします。(こんなブログ見ていないと思いますが・・・)

まとめ

いかがだったでしょうか。

『上西議員の目的はまさに売名であり炎上商法だ。
除名された時点で議員辞職するべきだったのに、議員報酬が欲しくて地位にしがみついた。
次の選挙では落ちるから、国会議員経験者のタレントとして生きていくために、今のうちから売り込んでおこう思っているだけだ』

と、言っている知人がいます。

本当にそうなら、非常に残念ですね。

とにかく、国会議員ですから、口の利き方に気を付けて品性を保ってもらいたいです。

それだけです。

どうしても今のキャラを続けるなら、炎上保険を勧めますので、自己責任で頑張ってください。

それでは今日もありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする