シングルマザー早野加奈がナカイの窓に出演。娘8人との生活は?

こんばんは。ちょこざえもんです。

今夜の「ナカイの窓」は、『頑張るママSP』ということで、子育てしながら仕事も頑張っているママタレントが出演し、子育てエピソードを披露するという内容ですが、実は一人だけタレントではなく、素人さんが出演するんです。

今日は「ナカイの窓」に出演する、シングルマザーの「早野可奈さん」についてご紹介しますので、しばしお付き合いくださいませ。


早野可奈さんのプロフィール

名前:早野可奈(はやのかな)

年齢:39歳

住まい:兵庫県神戸市

職業:コンビニ店員

子供:女の子8人

長女 麗奈(れな)18歳

次女 伊織(いおり)15歳

三女 澪奈(みおな)13歳

四女 涼香(すずか)12歳

五女 永夢(えむ)9歳

六女 咲桜(ささ)7歳

七女 歩羽(ふう)6歳

八女 結来(ゆら)4歳

*誕生日がわからないので、誤差があるかもしれません。

早野加奈さんは3年前に離婚し、8人の女の子を育てているシングルマザーです。

離婚の理由は、夫が娘の名前を覚えていなかったり、妊娠中に夫が実家で飲酒し歩いて帰ることになったことだと、以前出演したテレビ番組で紹介されていました。

早野さんの一日は、6時に起きて弁当を作り、8時までに洗濯、布団たたみ、掃除、夕ごはんの準備、保育園の送りまでこなして9時~16時までコンビニで働いた後、一度帰宅して家事をこなし、また22時~3時まで働いてます。

睡眠時間は2時間の時もあるそうです。

それでも、20時からの女子会と称する、おやつタイムを欠かさずに子供たちと話し、触れ合っているなどかなりの頑張り屋さんです。

元のご主人は「とび職」だそうですが、何かあったらすぐに駆け付けられるようにと、約10分ほど離れたところで一人暮らしをしているそうで、実は再婚を望んでいるのだとか。

早野可奈さんの収入とシングルマザーの一般的な収入

厚生労働省の調べによると、2014年時点でシングルマザーの家族は全国に約76万世帯あり、10年前の55万世帯から大幅に増加しています。

シングルマザーの8割は働いているのですが、正社員は4割で、残りの5割近くは非正社員(パートやアルバイト等)です。

シングルマザーの平均収入は181万円で、その他の収入を含めても年平均223万円です。

*その他の収入は、児童手当(母子家庭に限らず)、母子手当(児童扶養手当)、児童育成手当(自治体による)があります。

こうした家計の苦しさから、ダブルワークやトリプルワークをしている人も少なくありません。

ちなみに、同年調べの普通の家庭の平均年収は658万円とのことなので、シングルマザーの家庭はその3分の1程度のお金で生活しているということなんですね。

そして気になる早野家の収入は、

コンビニバイトで20万円

元夫からの養育費8万円

行政からの手当てが13万円

合計月収41万円とのことです。

そして早野さんの凄いところは、手当の13万円をまるまるそっくり貯金しているところです。

我が家は夫婦で働いていますが、そんなに貯金できていません(爆)

本当に尊敬に値しますね。

また、元夫もしっかり養育費を入れているということですから、また復縁出来たら良いのになぁなどと思ってしまいますが、これはワタクシごときがあーだこーだと言うことではありませんね。

ちなみに約8割の元夫は養育費を払っていません・・・

まとめ

いかがだったでしょうか。

シングルマザーを称賛する気はありませんが、どんなことでも前向きに頑張っている人には、純粋に応援したくなりますね。

ワタクシは子供が4人いるので、世間的には多い方ですが、早野さんに比べたら泣き言は言ってられないと、兜の緒を締めざるをえません。

今夜の「ナカイの窓」は23:59~日本テレビ系にて放送されます。

ぜひご覧ください。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする