夏休みの家族旅行を楽しく過ごせる関東の穴場!厳選3選をご紹介

こんにちは。ちょこざえもんです。

梅雨に入りましたが、世のお父さんお母さんは今年の夏休みの計画を立て始めるころではないでしょうか?

今日は、夏休みに家族で楽しめる関東の穴場を、厳選して3つ選びましたので、ぜひ参考にしてください。


夏休みに行きたい穴場3選

ワタクシが、以前から行ってみたいと思っているところをピックアップしましたので、独断と偏見に満ち満ちていますが、ご勘弁下さい。

【群馬県中之条町】

まず最初にご紹介するのは、群馬県の北西部にある中之条町です。

中之条町は、たくさんの温泉があり、特に四万温泉沢渡温泉は、昔から有名ですね。

しかし今回一番おすすめしたいのは、「日本で最も美しい村連合」加盟の六合地区です。

標高600m~2300mに位置する六合地区は、野反湖、穴地獄・チャツボミゴケ、芳ヶ平、世立八滝、六合温泉郷など、見どころ遊びどころ満載です。

個人的に特におすすめしたいのが、川の湯で知られる尻焼温泉をはじめとする六合温泉郷です。

自然の川をせき止めた、無料で入れる温泉です。

川そのものが温泉なんて、どうしても入ってみたくなっちゃいませんか?

出典 中之条町観光協会

〈アクセス〉*六合地区

クルマ:関越自動車道 渋川・伊香保ICより約1時間30分

電車:JR吾妻線 長野原草津口駅下車 タクシー約30分

住所:群馬県吾妻郡中之条町大字小雨字六合577番地1

TEL:0279-95-3111

*群馬県吾妻郡中之条町大字小雨字六合577番地1
【神奈川県横須賀市猿島】

続いてご紹介するのは、東京湾の無人島、猿島です。

猿島では、バーベキューや釣り、歴史遺産散策、磯遊び、そして夏には海水浴などを楽しむことができますが、一番のおすすめは要塞探検ではないでしょうか。

猿島は、江戸時代から太平洋戦争終戦まで、軍の要塞として使われたという歴史があり、さまざまな遺跡が残っています。

中でも特におすすめなのが、ジブリアニメ『天空の城ラピュタ』の廃墟にそっくりだと評判の猿島に残る明治時代の要塞の遺跡で、有料にはなりますがガイドをつけて案内してもらうこともできますよ。

〈アクセス〉

電車:京浜急行線 横須賀中央駅下車 三笠桟橋まで徒歩15分

クルマ:横浜横須賀道路横須賀ICより本町山中道路経由三笠桟橋まで約3km

電車、クルマとも※三笠桟橋より船で10分(大人1300円、小学生650円、小学生未満無料)

入園料:猿島公園入園料として15歳以上200円、小中学生100円

駐車場:なし

住所:神奈川県横須賀市猿島1

TEL:046-822-9561(猿島公園)

*神奈川県横須賀市猿島1

【等々力渓谷】

最後は、都内です。

リゾート地も良いですが、夏の都内も結構良いですよ。

今回おすすめするのは東京の避暑地等々力渓谷です。

等々力渓谷は、武蔵野台地の南端に位置する、多摩川の支流となる谷沢川で構成された約1kmの渓谷で、東京23区唯一の渓谷です。

渓谷には30か所以上の湧水が発生し、湿地植物や野鳥を観察できたりします。

いったん渓谷の中に入ると、外の景色が全く見えず、東京にいるのを忘れさせるほどの自然を満喫できますよ。

出典 公益財団法人 東京観光財団

〈アクセス〉

電車:東急大井町線 等々力駅下車 徒歩3分

住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38

電話:03-3704-4972(玉川公園管理事務所)

*東京都世田谷区等々力1-22

まとめ

いかがだったでしょうか。

せっかくの夏休み、子供さんと家族そろって楽しく過ごしたいですよね!

特に猿島や等々力渓谷の場合は、せっかくなのでおしゃれなシティホテルでゆったり過ごしてみるのも良いと思いますよ。

バイキングが充実しているホテルだと、子供さんも大喜びですよね!

ちょっと毛色の変わったところをご紹介してみましたが、参考になればうれしいです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする