お盆でも空いていて、家族で楽しめる千葉県の穴場、厳選3選!

こんばんは。ちょこざえもんです。

茨城県に続き、今日は千葉県のお出かけスポットをご紹介します。

夏の計画の参考になれば幸いです。

千葉県のおすすめスポット

千葉県は人口が多い上に、海に囲まれた半島なので、めちゃくちゃ道が混みますよね。

特にお盆はひどいことになりそうですが、道はある程度仕方ないとして、現地は比較的空いているところをピックアップしてみました。

【東京ドイツ村】

冬のイルミネーションが有名な「東京ドイツ村」ですが、夏も家族連れで存分に楽しめるアミューズメントがたくさんあります。

敷地面積は27万坪!なんと東京ドーム19個分。

その広大な敷地の中を、マイカーで移動することもできます。

東京湾を一望できる観覧車、全4コース72ホールと関東一の規模を誇るパターゴルフ場、アスレチック、芝滑り、釣り堀から動物園まで、およそドイツとは何の関係もなさそうなものまで、遊べるものなら何でもあるよ、というくらい充実しています。

家族で一日中遊びまくってもまだ足りないくらい、見どころ、遊びどころ満載ですね。

(基本情報)

年中無休

4月10日~10月31日までは、9:30~17:00まで営業

入園料:大人800円、小人(4歳~小学生)400円

駐車場:3000台収容

駐車料金:1000円

〈アクセス〉

館山自動車道、姉崎袖ヶ浦ICより約3km、5分

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

TEL:0438-60-5511

【千葉こどもの国キッズダム】

人工湖の山倉ダムの湖畔にあり、18万㎡の広大な敷地を活かし、自然と遊びを満喫できる、まさに「こどもの国」です。

歴史は古く、1971年に「千葉県子供の国」としてオープンしましたが、2006年に休園。

2007年から「千葉こどもの国キッズダム」として営業を再開しました。

大きなゴムのボールをごろごろ転がして遊ぶ「ダムダムボール」、無料の長い滑り台や、ゴーカート、アスレチック、釣り堀など、子供が好きな定番の遊具が充実しています。

また、何と言ってもイチオシは「ちびっこじゃぶじゃぶプール」です。

深さはママの膝下くらいですので、小さいお子さんでも安心ですし、プールの中には滑り台や滝まであります。

そしてパパママにとってうれしいのは、屋内施設「アソビングビレッジ」です。

トランポリン、エアースライダー、ボールプールなどの「ジャイアンキューブ」や、「屋内連続遊具」は雨の日でも安心して子供を遊ばせることができます。

天気が良ければ外で、雨が降ってきたら中で、思う存分楽しんでください!

(基本情報)

8月1日~8月31日までは無休、9:30~16:30まで営業

入園料:大人700円、小中学生300円、幼児(3歳~)200円、シニア(70歳以上)400円

駐車場:830台収容、混雑時は臨時駐車場あり

駐車料金:600円

〈アクセス〉

京葉道路~館山自動車道、市原ICより約15分

または、JR内房線「五井駅」乗換 ~ 小湊鉄道「海士有木駅」下車 徒歩約20分

住所:千葉県市原市山倉1487

TEL:0436-74-3174

【千葉県立房総のむら】

最後にご紹介するのは、ちょっと渋めの「千葉県立房総のむら」です。

1986年4月に開館し、2004年には「千葉県立房総風土記の丘」と統合して、原始古代から近代現代までの衣・食・住・技の移り変わりを体験することができる体験型博物館として、リニューアルしました。

そしてここは、江戸時代や明治時代の商家の町並みや、武家屋敷・農家の様子などが、景観や自然環境も含めて再現されています。

また、周辺も含めて100基を超える古墳群が広がっています。

商家の街並みをのんびり歩くもよし、べっこう飴作りにチャレンジしてもよし、たまには日本の歴史を身をもって学ぶ機会があっても、良いのではないでしょうか?

(基本情報)

月曜休

9:00~16:30まで営業、ただし2017年8月12日・13日は午後8時まで開館時間延長

入園料:一般300円、高・大学生150円、中学生以下及び65歳以上は無料

駐車場:300台収容

駐車料金:無料

〈アクセス〉

東関東自動車道 成田ICより約10㎞

または、JR成田線「安食駅」「下総松崎駅」「成田駅」各駅からバスが出ています。

住所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

TEL:0476-95-3333

まとめ

千葉県はどこに行っても混みますから、ガラガラということはありませんが、そこそこ空いているところをご紹介してみました。

子供も一緒に家族そろって出かけられるのも、小学生くらいまででしょうから、楽しい夏の思い出作りの参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする