エイプリルフールは午前中だけ嘘をついていい日だそうですがその由来とは?

うっそーちょこざえもんです。

もうすぐ三月も終わりますが、4月からは年度も変わり、改めてやる気を出して頑張ろう!という方もいると思います。

その新年度最初の日が4月1日ですが、エイプリルフールでもあるわけです。

皆さんも子供のころ、一度や二度はだましたり、だまされたりした蒼い経験があるかと思います。

今日はそんなエイプリールフールについて、少し書きたいと思います。

エイプリルフールの由来

世界中で知られているエイプリルフールですが、そもそもいつ、なぜ始まったのでしょうか?

諸説あるようですので、いくつかご紹介します。

由来其の一 フランスにて

1564年、国王シャルル9世が今まで3月25日が新年で、4月1日まで新年を祝うお祭りをしていたのにも関わらず、グレゴリオ暦を採用し新年を1月1日にしてしまったことから、国民が反発し4月1日を「嘘の新年」として大騒ぎを始めました。

そのことに怒ったシャルル9世は、国民を殺してしまいました。

そのことに抗議した国民が毎年4月1日に大騒ぎをすることになったとの説。

由来其の二 インドにて

その昔インドの修行僧は3月25日から1週間過酷な修行をしていました。

悟りを開く修行ですが、修行が明けるとまた現世に戻ってくることから、せっかくの修行が無駄になるとのことで修行明けの4月1日に「揶揄節」と呼びからかっていた習慣が定着したとの説。

由来其の三 ノアの箱舟

旧約聖書に登場するおなじみのノアの箱舟ですが、大洪水から逃れるために箱舟を作ったノアが、陸地を探すために放った鳩が、結局何も見つけられずに4月1日に帰ってきたことを、無駄なことをする日として定着したとの説

由来其の四 キリスト

4月1日がイエスキリストの命日と言われていることから、ユダに裏切られたことを忘れないためとの説。

その他にも、バカな魚説や古代ローマのさかさま祭り説、などまだありますが、一番有力なのは、フランス国王シャルル9世の嘘の新年説だと言われいます。

午前中だけ嘘をついても良い?

エイプリルフールは午前中に嘘をついて、午後にはネタばらしと言われていますが、なぜでしょうか?

イギリスでは5月29日にオークアップルデーと言われる王政復古記念日があります。

この日は国王への忠誠の証しとして、午前中だけオーク(樫)の実を身につけますが、つけていないと午前中だけ責められることから、エイプリルフールには午前中だけ嘘をついても良いことになったようです。

楽しいエイプリルフールにしましょう!

今や企業もネタとして活用しているエイプリルフールですが、嘘は嘘でもユーモアや愛情あふれる嘘にしてほしいですね。

みんなが楽しめることを前提として、

1)人を傷つけない

2)やり返さない

3)午後にはネタばらしをする

ちゃんとルールやマナーを守って、びっくりするようなサプライズを用意した、大掛かりで壮大な嘘を考え付いたら楽しいでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする