これでネットも荒らし放題?損保ジャパン日本興亜が炎上保険を発売

こんばんは。ちょこざえもんです。

3月6日に損保ジャパン日本興亜が、国内初となるネット炎上を対象としたネット炎上保険を発売するそうです。

どんな補償かと言うと、ネット炎上が起きた後、炎上の拡散防止と原因の究明のためにかかった費用を払ってくれるというもの。

報道機関などのメディア対応も含めた対策を、コンサルティング会社に依頼する費用なども保険金の支払い対象のようです。

炎上した際は「エルテス社」と「SOMPOリスケアマネジメント社」が連携して企業をサポートするとのことです。

ではどんなことが想定されるのでしょうか?

・企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写りこんでいたケース

例えば、お客様から預かった「免許証コピーなんかが写っていた」なんてことでしょうか?

・不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげたケース

これも良く起きていますね。

レストランやホテルなんも大いにあり得ますね。

他にも以下のようなことを想定しているようです。

・飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になったケース
・従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいしたケース
・従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった場合

・商品に異物が混入していたことがツイッター上で実況中継されて、企業対応の内容にも批判が寄せられるケース
・企業のサービス内容や価格に不満を持ったユーザーがブログで取り上げ、ネット上で拡散したケース

昨年批判を浴び、閉鎖されたディー・エヌ・エー(DeNA)の医療情報サイトのような「キュレーションサイト」も対象となります。
サイトに掲載した記事が炎上し、批判が殺到した場合なども、保険の対象だそうです。
一方で、意図的に世間に注目させる目的で炎上を引き起こす「炎上マーケティング」の場合には保険金は支払われません。
自動車保険の車両保険で「自爆した」とか、火災保険で「自分で放火した」なんかと同じでしょうね。
故意はだめですね。
保険の支払い限度額は1000万円で、保険料は年額50~60万円。企業が炎上した場合、収束までに3カ月程度かかることが多く、第三者に対処を頼んだ場合の費用は、1カ月あたり300万円程度かかるのが一般的だということです。
そこで気になるのは、どのくらいの騒ぎがこの保険でいうところの炎上で、どこからが炎上マーケティングと判断されるのでしょうか?
保険会社の胸三寸と言われかねないので、そこんところはハッキリとしてほしいと思いますね。
去年は「坂口杏里」やゲスの極み乙女。の「川谷絵音」と「ベッキー」のゲス不倫、長谷川豊の人工透析発言などが大炎上しましたが、あくまでこの保険は企業向け。
芸能人やスポーツ選手、起業家など、有名な個人向けに保険を開発したら売れるでしょうか?
加入したい人はいるかもしれませんが、やっぱりリスクが高すぎて販売できないでしょうね。
しかしいろんな保険がありますね。
私が家族に暴言を吐いて家庭の中で大ひんしゅくをかったら、新しい家族を提供してくる保険なんかできたりして。
嫁に飽きたから、ワザと炎上させてたなんて言われて免責になるんでしょうか?
最近は、昔に比べていろんなことが許されなくなっていますから、賠償請求されたり叩かれたりすることも多くなっています。
そのために保険っていう考えもわかる気もしますけど、何でもかんでも保険で解決できるわけではないですからね。
なんとも世知辛い世の中ですね。
もうちょっと「まあいいじゃん」っていう、ゆるーい雰囲気になれないかな?
なんておじさんは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする