3月1日は高校の卒業式

はじめまして。

アラフォーおやじのちょこざえもんです。

思うところあって、ちょこっとブログを初めて見ました。

読んでくださる方がいらしたら、よろしくお願いします。

うちのバカ息子が通う高校は3月1日が卒業式です。

自称進学校なのでほとんどが大学に行くのですが、卒業式の日にまだ進学先が決まっていない生徒が結構いるらしいとのことです。

なんか微妙ですね。

ちなみに甥っ子は2年前、卒業式の日が大学の受験日でした。

甥っ子はサッカー部で卒業式が終わった後、在校生と卒業試合をすることになっていたそうで、受験するか試合をするか本気で迷ってました。(もちろん受験しましたが・・・)

去年は友人の子供が国立の後期試験を受けたのですが、受験日は完全に卒業式の後でした。

これでは卒業式を感慨深く過ごすなんてできませんよね。

まあそうは言っても、高校の卒業式は、小学校の卒業式と違って「呼びかけ」はしませんので、そんなに感動的なシーンはないでしょうけど。

それに「呼びかけ」ってなんかやらされ感満載じゃないですか?

去年は娘が小学校を卒業したんですが、娘はやる気マンマンなので、喜んで呼びかけてましたし、号泣していました。

しかし同級生のかなりの子が冷め切って「メンドクセー」的な感じだったようです。

私は田舎の純朴な少年でしたから、一生懸命呼びかけていましたが、後から思い返すと自分の心の中で全く思っていないことを言ってましたし。

「校長先生をはじめ、諸先生方、どんなときでも優しく、時には厳しく導いてくださり、ありがとうございました。」

なんて思ってました?

ホントに思っていました?

純真無垢な少年に言わせていたんですね・・・・・・・・・・・

ところで、私(40代)のころは高校の卒業式に親なんか来なかったですが、今は両親そろって参加が基本だそうです。

なんか、うっすらと髭の生えたバカ息子の卒業式って言ってもねえ。

なんて思ってしまってはいけないんでしょうか?

もはやカワイクないし・・・

とにかく高校3年生のみなさん卒業おめでとうございます。

これから素晴らしい未来が待っています。

アラフォーのおっさんが保証します。

この世はすばらしい!

いろいろあるけどやっぱりすばらしい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする