「家族の旅路」2話の見逃し動画を無料で視聴できるのはFOD!

こんにちは。ちょこざえもんです。

滝沢秀明さん主演のフジテレビのドラマ家族の旅路が放送されましたね。

初回の視聴率は4.0%と微妙な数字でした。

自分の親を殺した容疑者の再審請求を引き受ける、弁護士の物語という残酷なストーリーに注目が集まっていますので、これからの展開が気になります。

今日は万が一見逃しても、無料で視聴できる方法と2話のあらすじも合わせて紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

「家族の旅路」を見逃しても無料視聴する方法

忙しい現代人は、なかなか自分の思った通りに時間を使うことはできませんよね。

ワタクシなんか、しょっちゅう見逃したり録画を忘れたりと、同じミスを何度も繰り返しているダメ人間ですが、ワタクシと同じような方でも、安心して視聴できる見逃し配信サービスがありますので、ご紹介しますね。

っとその前に、無料でデイリーモーションやYouTubeで視聴することができるからいいや!という方がいるんですが、デイリーモーションやYouTubeなどにドラマ動画がアップロードされていたとしても、絶対に視聴してはいけないんです!

勝手に動画をアップロードすることは犯罪であることはご存知だと思いますが、違法アップロードの動画と知りながら、その動画を視聴することも同じく犯罪なんです!

「家族の旅路」を見逃した場合に、無料で視聴できる方法はFODプレミアム(31日間無料)新規入会という動画配信サービスなんです。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会キャンペーンを利用して「家族の旅路」を無料で視聴することが可能ですし、放送終了後すぐに配信されますので、「しまった!」と思った瞬間に視聴できますよ。

通常FODプレミアムを利用するのには、月額888円(税抜)がかかるんですが、現在FODプレミアム(31日間無料)新規入会キャンペーン中ですので、Yahoo!JAPAN IDを利用しての登録で、31日間無料キャンペーンが実施されています。

もちろん「家族の旅路」だけでなく、最新作「FINAL CUT」「海月姫」「隣の家族は青く見える」「コードブルー」「明日の約束」や、月9の名作ドラマなど、気になる作品はすべて一気に視聴することができますよ!

また、FODプレミアムは人気のドラマ・バラエティ・アニメ・映画など5000もの作品を、スマホ、タブレット、パソコン、など、いつでもどこでも見放題で楽しむことができるんです。

さらに週刊誌からファッション誌、ビジネス誌など約100誌ほどの雑誌も読み放題になります!

FODプレミアム(31日間無料)新規入会キャンペーンを利用して、

・電車などの移動中に

・暇な休日にゆっくり、まったりと

・リアルタイムで見れないときに

・観るとなったら一気に観たい人に

自分の好きな時に、好きなだけ観たいドラマや映画を存分に楽しむことができるんです!

こんなに充実した内容になっているので、たとえ月額料金がかかったとしても十分お得なのですが、Yahoo!JAPAN IDを利用しての登録で、31日間無料キャンペーン実施中ですから、このチャンスを逃すのは本当にもったいないですよ!

ココだけの話し、いったん契約して無料視聴キャンペーンだけちゃっかり使って、あとは解約してもいいんですから・・・

この機会にFODプレミアム(31日間無料)新規入会キャンペーンを試してみませんか?

「家族の旅路」のあらすじと登場人物

主役の滝沢秀明さんの演技がいいですね~!

相手役の遠藤憲一さんと、そん色ない演技力を見せつけています。

世間ではなぜ『深夜枠にしたんだ』っていう意見がありますね。

たしかに、ゴールデン枠の方が視聴率が取れるのかもしれませんが、あえて深夜にした意味があると思いますので、これからの展開が楽しみで仕方ありません。

なにか大どんでん返しがありそうな予感がするんですよね~

ということで、「家族の旅路」のあらすじを見ていきましょう。

自分の両親と祖父を殺害したとされる死刑囚・柳瀬(遠藤憲一)との対面を果たした祐介(滝沢秀明)。

弁護士として再審請求の意志を確認するが、すでに3度の再審請求を棄却されている柳瀬にその考えはなかった。

この男はもはや罪を受け入れている。

結局、本当は殺人を犯しているにもかかわらず、延命のために再審を訴えていたのだ…。

「やっぱりそれが真実か!」祐介は、被害者遺族としての感情を押さえきれず、柳瀬をなじる言葉を吐いて拘置所を後にした。

祐介は礼菜(谷村美月)に、柳瀬がもう再審をあきらめていることを報告する。

行方不明になっている柳瀬の子・光男をどうしても見つけたい礼菜は、当時事件を担当し今は引退した刑事・松枝(石丸謙二郎)に会うことを祐介にすすめる。

松枝は、柳瀬には冤罪の可能性があると口にしていたという。

松枝を訪ねる祐介と礼菜。事件当時は赤ん坊だった祐介との再会に喜ぶ松枝だったが、かつて感じていた事件に対する疑念を吐露し始める。

柳瀬の供述には矛盾点があり犯人とするには不自然な部分があること、現場に残した祐介を助けるためにあえて通報した事実、そしてなにより三度の再審請求を担当した故・津村弁護士が柳瀬の無罪を信じて疑わなかったこと…

捜査をした刑事であるにも関わらず、松枝は今も柳瀬の冤罪の可能性を信じ、事件に大きな悔いを残していたのだ。

まさか本当に冤罪…そんなことがあるのか?祐介の気持ちが大きく揺れ始める。

祐介は、精力的に事件の詳細や裁判記録を調べ直す。

自分が被害者の遺族だからこそ、柳瀬から真実を引き出せるのかもしれない。そう思い始めていた。

しかし、事件を追う上で祐介にはどうしても向き合わなければならない相手がいた。

30年前の事件で妹夫婦を亡くした、他ならぬ祐介の育ての母・由美子(いしのようこ)。

そして養父・孝信(益岡徹)だった。

出典 家族の旅路公式サイト

《登場人物》

浅利祐介 … 滝沢秀明

弁護士。

前向きに仕事に取り組む明るい人柄だが、実は30年前に発生した一家惨殺事件で両親と祖父を殺害された過去を持つ。

ただ一人生き残った後、両親の姉夫婦に引き取られ、実子同然の愛情を受けてのびのびと育った。

小学6年生の時に両親の事件を知ったことをきっかけに、法律家の道を志す。

当初は裁判官を志望していたが、司法修習生時代に出会った澤田陽一郎弁護士の弁護士としての新年に強い感銘を受け弁護士を目指すようになる。

30年前に事件の犯人とされる柳井光三の再審請求をしてほしい、という河村礼菜からの依頼を受けて最初は強い嫌悪感を覚えるが、弁護士としての使命感からやがて再審に向き合い始める。

事件を追う中で、はじめは反発しあっていた礼菜を次第に愛するようになっていくが・・・。

河村礼菜 … 谷村美月

祐介に死刑囚柳瀬の再審弁護を依頼する。

奔放な人生を歩んだ母を、反面教師として育つ。

祐介と出会い、心惹かれていくが・・・。

河村あかね … 横山めぐみ

礼菜の母。

17歳の時家出をし、男関係にふしだらで奔放な生き方をしてきた。

末期がんを患い、余命宣告を受ける。

浅利孝信 … 益岡徹

鎌倉で大学教授をしている。

祐介の父。

一家三人殺害事件で被害者となった大富家の義兄。

引き取った祐介をいつもあたたかく見守る。

浅利由美子 … いしのようこ

殺害事件で被害者となった大富晴香の実姉。

孝信の妻。

養子として育てた祐介をこよなく愛する優しい母。

松枝栄二郎 … 石丸謙二郎 

30年前、大富一家殺害の容疑で柳瀬光三を逮捕、取り調べを担当した刑事。

当時から柳瀬の供述や証言には矛盾があると感じており、退職した今、柳瀬は本当に殺人犯だったのかどうか疑念を深めている。

津村佐智子 … 朝加真由美

生前、柳瀬の再審請求を3度も担当した人権派弁護士・津村誠治の妻。

柳瀬に頼まれ、幼いころの祐介の様子を見に行ったこともある。

澤田陽一郎 … 片岡鶴太郎 

祐介の勤める弁護士事務所のボス。

江戸っ子気質の熱血漢で、実直な人柄。

冤罪事件を数多く手がけてきた。

弁護士とは「罪を犯した者の主張にしっかり耳を傾け、認められるべき権利を守ってやるのが仕事」という信念の持ち主で、祐介が尊敬する理想の弁護士。

今回の事件でも、時に悩み迷う祐介を支え、共に真相を追う。

柳瀬光三 … 遠藤憲一

30年前、阿佐ヶ谷で一家三人を殺害した罪で死刑執行を待つ男。

工員だった頃、妻に逃げられた上に、自らは胃がんが見つかるという不運に見舞われ、生後間もない一人息子・光男を預けようと奔走。

偶然の成り行きで身を寄せた大富家の3人を殺害したとして逮捕され、死刑の判決を受ける。

手放した息子の幸せだけを心の支えに、執行の日を待っている。

《基本情報》

放送日:毎週土曜日23時40分~フジテレビ系

原作:小杉健治(父と子の旅路)

脚本:いずみ玲

プロデューサー: 西本淳一(東海テレビ)・大久保直実・坪ノ内俊也(ビデオフォーカス)

演出:国本雅広・村松弘之

音楽:羽岡佳

主題歌:滝沢秀明「記憶のカケラ」(avex trax)

制作:東海テレビ

まとめ

いかがだったでしょうか。

初回視聴率は振るいませんでしたが、ストーリーとしてはかなりいい出来だと思いますし、なにより滝沢秀明さんの存在感が半端ないですね。

ついつい食い入るように見てしまいます。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会キャンペーンを是非お試しください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする