バレンタインのちょっと悲しい由来と日本で広まったきっかけを解説

こんばんは。ちょこざえもんです。

2月14日と言えばバレンタイン。

バレンタインは、女性が好きな男性にチョコレートを贈って想いを伝える日。

けれどこの風習は、もともとのバレンタインとは違う、日本で生まれたものです。

では、もともとのバレンタインデーって一体何でしょうか。

今回は、バレンタインデーのちょっと悲しい由来と、日本でのバレンタインが広まったきっかけ等についてご紹介します。


バレンタインとはローマ司祭の名前

バレンタインデーの由来は、諸説ありますが、有名な説は、3世紀のローマ帝国において活動した、キリスト教のバレンタインという司祭に由来する説です。

当時の皇帝クラディウス2世は、帝国の兵士が結婚することを禁止していました。

理由は、家族ができると、兵士たちが、戦場で命を懸けて戦うことに躊躇してしまうと考えたからです。

ところが、これでは若い兵士とその恋人があまりにかわいそうだと考えたバレンタイン司祭は、内緒で兵士たちの結婚式をこっそり挙げていました。

そして、このことが皇帝に知られてしまい、司祭は2月14日に処刑されてしまったのです。

なぜ処刑日が2月14日だったかというと、当時のローマ帝国では、2月15日に、男性が、女性の名前が書かれた札をくじ引きのようにして引いて交際相手を決める「ルペルカリア祭」というお祭が開催されていました。

当時の若い男女が結婚するきっかけとなるお祭りだったそうです。

ところがローマ教会という組織は、キリスト教のものでないルペルカリア祭を、何とかキリスト教に関連づけたい、と思っていました。

そこで、バレンタイン司祭を、このお祭りの前日(ユーノ―の祝日と呼ばれます)に処刑することで、翌日のルペルカリア祭に、キリスト教の司祭を生贄として捧げたものとし、ルペルカリア祭をキリスト教と関連づけたのでは、と言われています。

つまり本来のバレンタインとは

・キリスト教が深く関わっている

・チョコレートにこだわりはない

・女性から男性への愛情表現に限定したものではない

ことから、今の私たちのバレンタインには、本来の意味はほとんどなくなっていると言ってよさそうです。

日本でバレンタインが広まったきっかけは?

日本でのバレンタインが始まった経緯は、実ははっきりとわかっていません。

1936年に、モロゾフによる「バレンタインにチョコレートを贈りましょう」という広告が遺されていることから、モロゾフが日本のバレンタインの起源とする説もあれば、他の販売会社の、戦後における販売活動が起源だとする説もあります。

1970年代になると、バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣が学生層を中心に普及し、女性が意中の男性にチョコレートを贈るという習慣が生まれたのもこの頃と言われています。

その後、年代を重ねながら、家族に贈ったり、職場の女性職員から男性職員に贈ったり、友達、そして男性から女性に贈ったり(いわゆる逆バレンタイン)するようになり、どんどんバレンタインの対象は拡大していきました。

そして、現在のバレンタインになっていったのです。

バレンタインデーに女性が告白するのはアリか

そんなバレンタインデーで告白する女性って、実際にはどのくらいいるのでしょう。

この疑問については、楽天リサーチ株式会社が2017年に行った「2017年のバレンタインデーに関する調査」が参考になります。

このアンケートでは、20代から60代の女性約500人のうち「チョコレートなどのプレゼントを渡す」と回答した259人に対して、プレゼントを渡す相手について質問しています。

その結果がこちらです。(複数回答可)

1位 パートナー(配偶者や恋人) 71.8%

2位 家族 48.3%

3位 会社、取引先や男性友人(義理チョコ)29.0%

思いを寄せている相手(気になっている人、もしくは片思いの日人)は、何と最下位の5.4%という結果でした。

でも、よく考えると、告白という行為はそもそもハードルが高く、人生でそう何度も経験することがないものですよね。

たった1日で、約5%の女性が告白していると考えると、むしろ多いのかもしれません。

さらにこのアンケートで気になる結果を発見しました。

20代から60代の男性約500人のうち、「チョコレートなどのプレゼントをもらいたい」と回答した218人に対して行った、プレゼントをもらいたい相手についての質問です。

結果はこちら。(複数回答可)

1位 パートナー(配偶者や恋人) 67.0%

2位 会社、取引先や男性友人(義理チョコ)25.7%

3位 家族 25.2%

4位 思いを寄せている相手(気になっている人、もしくは片思いの日人)22.9%

何と、告白する女性のおよそ4倍の男性が、気になる若しくは好きな相手から、チョコレートなどをもらいたいと思っているのです。

これは、告白しようか迷っている女性には、心強い数字に感じられますよね。

バレンタインデーに女性が告白することは、ずばり「アリ」と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バレンタインには、禁忌を破ってまで若者たちの愛を成就させたバレンタイン司祭という、ちょっと悲しい由来があったことがわかりましたね。

こうして由来を知ると、恋人と当たり前に過ごせることが、何だか特別なことに感じますよね。

それでは本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする