サッカー日本代表ニュージーランド戦の採点!シブい結果に各紙はどう見る?

こんばんは。ちょこざえもんです。

今日のニュージーランド戦は微妙でしたね。

勝つには勝ったが、といったところでしょうか?

おおよその見当は付きますが、各紙の採点をまとめてみましたので、ぜひ最後までお付き合いください。

各紙の採点

それでは早速見ていきましょう!

【サッカーダイジェスト】

【日本代表総評】

前半途中から中盤でのプレスが思うようにハマらず、ピンチになりそうなシーンも。前線から最終ラインまでやや間延びしたせいで速攻も繰り出せなかった。選手の距離感の悪さを露呈したのが、トップ下の香川がセンターサークル付近からドリブルで持ち込みながらも決定機につながらなかった40分の場面だろう。

雨も影響してか、後半に入ってもなかなかギアが上がらず、大迫のPKで先制しながらウッドにヘッドで同点弾を叩き込まれる体たらく。終盤の88分に倉田のゴールで勝ち越したとはいえ、全体的にお粗末な内容だった。前半8分に香川のあのシュートが決まっていたら、あるいは違う試合展開になっていたかもしれない。

【個人採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 5
前半はピンチらしいピンチがなく、無難な出来。しかし、59分のウッドのヘディングは防げず、終盤の相手に渡るパスミスもいただけない。

DF
5 長友佑都 5.5
素早い動き出しでパスを引き出し、武藤を追い越すタイミングも絶妙。縦への突破、戻りながらのクロスなど多彩な仕掛けを見せたが、失点は自身のサイドから崩された。

19 酒井宏樹 6
敵に寄せられても、慌てずにかわして局面を前に動かす。失点シーンでは目の前で決められたが、正確な落としで倉田の決勝点をアシスト。

20 槙野智章 6
クロス対応は危なげなく、背後のスペースもしっかりとケア。前半終了間際のピンチでは、焦れずに対応して事なきを得た。

22 吉田麻也 5.5
正確なロングフィードやグラウンダーのパスで前線の選手を走らせる。自陣ゴール前でのディフェンスは貫禄があったが、失点の場面では背後の選手に決められる痛恨の失態。

MF
2 井手口陽介 5(82分OUT)
山口とともに2ボランチを形成。攻守両面でアグレッシブに振る舞うも、雑なプレーが散見された。精度を欠き、ピンチにつながるボール逸もあった。

10 香川真司 5.5(60分OUT)
軽やかなステップで敵を翻弄。ただし、消える時間帯もあり、8分、23分のビッグチャンスを外すなど、決定力不足を露呈した。

16 山口 蛍 6(90+3分OUT)
強烈な左足シュートが相手の手に当たってPKを獲得。幅広いエリアを精力的に動き回り、中盤を引き締めた。後半途中からはアンカーでプレー。

FW
9 武藤嘉紀 5.5(70分OUT)
裏への鋭い動き出しが光る。CFの大迫との距離感も良く、ふたりの連係でシュートに持ち込む場面も。ただ、22分の一撃は枠を捉えられず、アピールし切れなかった。

11 久保裕也 5.5(78分OUT)
同サイドの酒井宏とのコンビネーションはさらに息が合ってきた印象。周囲へのサポートの意識も高かったが、目に見える結果を残せずに途中交代。

15 大迫勇也 6(60分OUT)
ポストプレーはいつもの安定感を欠き、43分の決めてもおかしくないヘディングシュートはバーの上。だが、50分のPKのチャンスは確実に沈めて帳尻を合わせた。

交代出場
MF
17 小林祐希 6(60分IN)
香川に代わり登場。インサイドハーフとしてプレーし、パス回しの起点となった。ただ、決定機は演出できず。84分には乾の落としを左足で狙ったがGKにセーブされた。

FW
13 杉本健勇 5(60分IN)
74分に左サイドで相手と対峙しながら放ったシュートは枠を外れた。周囲に要求をしてパスを呼び込むも、フィニッシュに結び付けられず。アピールは不発に終わった。

FW
14 乾 貴士 6(70分IN)
2009年1月にA代表初ゴールを奪った縁起の良いスタジアムで果敢に仕掛けた。87分には勝ち越しゴールにつながるクロスを供給。ひと仕事こなした。

FW
18 浅野拓磨 -(78分IN)
5バックを敷く相手に前を塞がれ自慢のスピードを発揮できず。83分には右サイドを駆け上がるもボールを奪われた。

MF
7 倉田 秋 6.5(82分IN)
酒井宏の折り返しに反応してヘッドで勝ち越しゴールをゲット! 嬉しい代表初得点となった。

MF
6 遠藤 航 -(90+3分IN)
クローザーとしてピッチへ入るも、直後に試合終了のホイッスルを聞いた。ハイチ戦ではプレータイムを伸ばしたい。

監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ 6
次々と交代のカードを切るなど、テスト色の濃いゲームではあったが、今ひとつピリっとしない戦いぶり。勝利は収めたが、相手のサイド攻撃への守備に課題を残す。

引用 サッカーダイジェストウェブ


【どこよりも早い採点byフットボールチャンネル】

【日本 2-1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ2017】

川島永嗣 5 失点はノーチャンスも、その後バタつく場面も
長友佑都 5 守備の強さも見せたが、抑えきることはできなかった
槙野智章 5 集中力は常に高かったが、相手のパワーに気圧された
吉田麻也 5 フィードでチャンスを作るも、相手ストライカーに上から決められた
酒井宏樹 6 連係で守るプレーを体現。勝ち越しゴールをアシスト
井手口陽介 6 ダイレクトパスで攻撃をスピードアップ。状況が見えているから適切な判断ができる
山口蛍 5.5 PKを誘うミドルシュートも判断が遅れるシーンも散見
香川真司 5.5 前半、落ち着いた動きからシュートもポストに嫌われた
武藤嘉紀 5.5 果敢な突破など持ち味は見せたが決定機はなかった
大迫勇也 6 シンプルなプレーで味方を活かすなど、存在感の大きさは感じさせた。PKでゴール
久保裕也 5.5 裏抜けのスピードで相手を置き去りにした

小林祐希 6.5 落ち着き払ったプレーでリズムを作る。彼のところにボールが集まった
杉本健勇 5.5 ゴールが欲しい時間での投入だったが、インパクトは残せず
乾貴士 6.5 キレのあるドリブルを披露。相手守備陣を翻弄した
浅野拓磨 5.5 走り回って相手を翻弄。できることはやった
倉田秋 6 低いボールを頭で合わせ、代表初ゴールを奪った
遠藤航 – 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 主力以外にも出場機会を与えた。レフェリーのジャッジに怒りを示す場面も

引用 フットボールチャンネル

試合には勝ちましたが、どうもしっくりこないですね。

収穫は倉田秋選手のゴールだと言いますが、そうですかね?

正直そのポジションには良い選手が揃っていますので、今日のゴールぐらいだと厳しいような気がしますが・・・

乾選手はさすがのプレーでしたし、大迫選手も今のところ変わりになる選手はいないんじゃないでしょうか?

ワタクシが思うには、6人の交代枠を使い切ったというところが個人的に一番の収穫だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

勝負は二の次だとワタクシは思いますが、そうは言っても勝つことは重要ですね。

状態は良くなくても、勝ち切ったことを良しとして、次戦のハイチ戦では掘り出し物の選手を見つけてほしいものです。

それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする