阿部一二三の父との筋トレがすごい!イケメン柔道家のプロフィールと経歴。

こんばんは。ちょこざえもんです。

ムキムキの肉体ってかっこいいですよね!

でもボディビルダーのようなムキムキは、好みがわかれると思います・・・

今日の『情熱大陸』に出演するのは、東京オリンピックの金メダルに一番近い男と言われる、「阿部一二三」選手です。

見た目だけじゃない使える筋肉は、どのようにしてつくられたのか?

今最も注目されるイケメン柔道家のプロフィールと経歴をご紹介させていただきます。

ぜひ番組と合わせてご覧ください。

また先週の情熱大陸は佐々木圭一さんでした。良かったらこちらもご覧ください。

阿部一二三のプロフィールと経歴

名前  :阿部 一二三(あべ ひふみ)
身長  :168cm
生年月日:1997年8月9日
血液型 :AB型
出身地 :兵庫県神戸市
出身高校:神港学園神港高等学校
大 学 :日本体育大学
階 級 :66kg級
得意技 :背負い投げ、袖釣込腰、大腰
憧れの人:野村忠宏
組手  :右組


東京オリンピック期待のホープとして、すい星のごとく現れた、柔道界の新スター「阿部一二三」選手。

めっちゃカッコイイ筋肉と、爽やかなイケメンぶりで人気実力とも、軽量級ナンバーワンです。

まだ20歳になったばかりの阿部一二三選手ですが、ここまで順風満帆だったわけではありません。

6歳の時に柔道の試合をテレビで見て、「カッコイイ」とおもった阿部少年は早速柔道を始めます。

しかし小学3年生のころ、なんと同い年の女の子(鍋倉那美選手)に投げ飛ばされて、悔しくてお父さんと特訓をしたそうです。

小学生のころは全国大会に出場することは出来ませんでしたが、中学生になると特訓の成果が出てきました。

中学2年生の時に、全国中学校柔道大会55kg級で優勝し、3年生の時には60kg級でオール一本勝ちで2階級制覇を達成しました

さらにアジアユースでも優勝しました。

高校は強豪からの誘いもあったようですが、地元の古豪「神港学園神港高等学校」に進学します。

66㎏級に階級を上げ、高校1年生の時には全日本カデ柔道体重別選手権大会で優勝を果たし、17歳以下の世界一を決める世界カデに出場し、残念ながら決勝でジョージアの選手に敗れますが、準優勝を成し遂げます。

高校生からの成績がものすごくて長くなるので、以下に列挙させていただきます。

《高校1年》
全日本カデ柔道体重別選手権大会    優勝
世界カデ柔道選手権大会        準優勝
全国高校選手権(73㎏級)        優勝

《高校2年》
全日本カデ柔道体重別選手権大会    優勝(2連覇)
インターハイ             優勝
ユースオリンピック          優勝
全日本ジュニア            優勝
世界ジュニア             準優勝
講道館杯               優勝
グランドスラム・東京           優勝

《高校3年》
全日本選抜体重別選手権        3位
グランプリ・ウランバートル      準優勝
インターハイ             優勝(2連覇)
グランプリ・タシュケント       優勝
講道館杯               3位

《大学1年》

全日本選抜体重別選手権        優勝
グランドスラム・チュメニ       優勝
講道館杯               7位
グランドスラム・東京         優勝
グランドスラム・パリ         優勝

《大学2年》

全日本選抜体重別選手権        優勝
世界選手権              優勝

全日本男子代表の井上康生監督曰く、「古賀稔彦さん以来のスーパースター。全世界に存在感をアピールできたと思う」、「彼が大きく輝くのは東京五輪。もっと伸ばせる要素があり、成長していける」と語られ、世界選手権で優勝したことで世界ランキング1位になりました!


このカッコイイ筋肉の秘密はこのあと・・・

お父さんと鍛えた筋トレ

阿部一二三選手には、消防士のお父さんと、喫茶店を経営するお母さん、そして同じく柔道家の妹さんがいます。

小学生の時の女子に負けたことで始まった特訓は、消防士として鍛え上げられたお父さんとの二人三脚のトレーニングだったそうです。

その内容とは、
・重さ3kgのメディシンボールを横や後ろに投げる体幹トレーニング
・10㎞のランニング
・インナーチューブで体幹トレーニング

3㎏のメディシンボールって小学三年生にはかなりキツいですよ

さらに中学生になると、練習時間は1日6時間。
朝から走って、寝技、立ち技と一通りの技を行う練習が一番しんどかったとおっしゃっています。

高校生の時は、合宿の時ストーブをつけてドアを締め切り、サウナ状態で立ち技をやった練習が一番キツかったそうで、夏合宿の地獄メニューよりもキツかったそうです。

昔の長嶋監督の伊東キャンプみたいですね。

ワタクシはサッカーをやるのですが、最近のサッカーは根性論なんかはなくて、科学的な練習メニューが多いので、昭和の雰囲気たっぷりの柔道界の練習の様子は、逆に新鮮だったりしますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

情熱大陸では、阿部一二三選手に5か月の密着取材をしたとのことですから、世界選手権の舞台裏ものぞけるかもしれませんね。

緊迫した世界最高峰の大会に臨む様子などは、なかなか見れないですから貴重ですね!

今夜の情熱大陸は、23:00~TBS系にて放送されます。

ワタクシ、スポーツマンの密着取材ってたまらなく好きなんですよね。

本当に楽しみです。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする