三浦文彰の父・母・妹も音楽家!家族全員のプロフィールを紹介!

こんばんは。ちょこざえもんです。

今日は、NHK大河ドラマ「真田丸」の主題歌を演奏した『三浦文彰さが、『情熱大陸』に出演されますので、ご家族やプロフィールについて調べてみました。

若きヴァイオリニスト三浦文彰さんって、いったいどんな方なのでしょうか?

ぜひ番組と合わせてご覧ください。

三浦文彰のプロフィールと経歴

名前:三浦文彰(みうら ふみあき)
生年月日:1993年3月23日
身長:167㎝
出身地:東京都
高校:桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)
大学:ウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学(奨学金で留学)
現住所:オーストリア ウィーン
所属:AMATI
職業:ヴァイオリニスト

出典 三浦文彰公式サイト

2016年の大河ドラマ「真田丸」のオープニングテーマでソリストを務めた三浦文彰さんですが、演奏を聴いているだけでは23歳(当時)の若造(失礼)には見えませんね。

そんな三浦文彰さんは、3歳からヴァイオリンを始め、6歳から本格的に習い始めたそうです。

ご両親はヴァイオリンを弾いてほしいと思っていたのでしょうが、最初のころはいつも身近なところに置くだけで無理に弾かせようとはせずに、6歳まで待ってから本格的に始めさせたんでしょうね。

その期待に答えるように、全日本学生音楽コンクールなどの国内大会での入賞を皮切りに、国際大会にも出場するようになります。

2009年10月には、世界最難関と言われる、「ドイツ・ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクール」において史上最年少の16歳で優勝し、世界的に話題となりました。

また同年には、その年に目覚ましい活躍をした若手有望音楽家に贈られる、「第20回出光音楽賞」を受賞しています。

それからも、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などと共演を果たすなど、順調に実績をあげていき、前述の「真田丸」のオープニングテーマへとつながっていくわけです。

こんなにとんとん拍子にステップアップしていくのは、もちろん本人の努力なんですが、もしや?と思って調べてみると、やっぱり両親ともにヴァイオリニストでした!

小さいころから英才教育を受けていたんですね!

それでは次は、ご家族を紹介させていただきます。

父・母・妹のプロフィフール

三浦文彰さんの家族はお父さん、お母さん、妹さんとの4人家族です

それぞれのプロフィールは、

・父:三浦章宏さん(みうら あきひろ)

1961年生まれの大阪府池田市出身で、筑波大学人類学群卒のヴァイオリニストです。

大学卒業後、NHK交響楽団に入団した後に、ドイツに留学。

数々のコンクールに入賞を果たした後、現在は東京フィルハーモニー交響楽団の主席コンサートマスターを務めているのだそうです。

出典 三浦章宏Facebook

・母:三浦○○さん

やはりヴァイオリニストで、自宅でヴァイオリンを教えているのだそうですが、お名前などを調べても全く情報が出てきませんでした。

・妹:三浦舞夏さん(みうらまいか)

最後に登場する妹さんは、ピアニストでした。

やはり3歳から音楽を始めたのですが、ヴァイオリンではなくピアノなんですね。

なぜ、両親やお兄ちゃんと同じヴァイオリンじゃないのか気になります。

しかし高校はお兄ちゃんと同じ、桐朋女子高等学校音楽科に進学し、現在は桐朋学園大学音楽部3年生です。(2017年現在)

まだ学生なので、情報はありませんが、こちらをご覧ください。

出典 銀座山野楽器公式サイト

かなりかわいいですね!

これからいろんな形でメディアに登場してくるんじゃないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか。

情熱大陸では音楽一家の絆を追うということなので、情報が不足しているお母さんも登場するのでしょうか?

また、スーパーな音楽一家の日常を垣間見ることができるのであれば、こんなに貴重な機会はありません。

放送が今から楽しみですね。

今夜の情熱大陸は、23:00~TBS系にて放送されます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

9月3日の情熱大陸は『伝え方が9割』の佐々木圭一さんです。

良かったらこちらもご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする