高橋克典が挑戦!初心者がライザップゴルフで2ヶ月で100を切れるのか

こんばんは。ちょこざえもんです。

俳優の高橋克典さんが、【ライザップゴルフ】のレッスンを受けて、たった2ヶ月で100を切るというチャレンジを行うそうです。

結果にコミットする【ライザップゴルフ】ですが、本当に初心者が2ヶ月で100切りを達成できるのか、気になりますね。

高橋克典のゴルフの腕前は?

特命係只野仁ならなんでもできそうですが、高橋克典さんが100を切れるのか、まずは今の実力を調査してみました。

記事によると、

実は高橋、25年前にコースに出た際「183」をたたき、それがトラウマとなって「ゴルフに近づかないようにしていた」という。ゴルフを再開したのは「50歳をこえてできるスポーツを考えたらゴルフ。大人のたしなみです」という理由からだが、プログラムを開始しての初ラウンドは「170」ということで、あと70打以上もスコアを伸ばす必要に迫られている。

出典 デイリースポーツオンライン

ということで、いくらなんでも「183」はたたきすぎだと思いますが、どうでしょうか?

まぁ最初ですから、全く練習もしないでいきなりコースに行ったと考えれば、納得できますね。

しかし、そのあとが問題です。

プログラムを開始した後でも、「170」とはヤバいでしょう。

ワタクシはゴルフをやるので良く分かりますが、そこそこのスコアで回るゴルファーは大概ウンチクを語ります。

「週に2回は練習しろ」とか、「ドライバーの練習はしないでアイアンだけにしろ」とか、「いやいやアプローチが基本だ」とか、いろいろ言いますよね?

そこで、ゴルファーの平均スコアはいくつなのか?何ラウンドで100を切れるのか?はたまた何年で100を切れるのか?

ちょっと調べてみました。

週刊ゴルフダイジェスト・2015年3/17号によると、ゴルフダイジェストオンラインのスコア管理サービスに登録している約12万人分(合計138万ラウンド)のデータというのが、公表されていました。

それによると、日本のアマゴルファーは年間約12回(月1回)のペースでコースを周り、平均スコアは99.64だったそうです。

しかし、これはゴルフダイジェストオンラインにスコアを提出するような、ゴルフに熱心な人の平均スコアですから、実際はもう少し下回ると思います。

ちなみに、ワタクシは2年前までゴルフダイジェストオンラインのサイトにスコアを登録していました。

その時の平均スコアが88で、年間25ラウンド程でしたが、今は月1回のラウンドなので提出していません。(スコアも悪いので・・・)

というわけで、別のデータを見ると驚きの結果が出ていました。

・ゴルファーの7割が平均スコアで100切りできない

・キャリア10年未満のゴルファーの8割は、平均スコアで100切りできない

・10年以上のキャリアがありながら、100切りができない人が6割もいる

ということで、今170のスコアの高橋克典さんが2ヶ月以内に100を切るというのは、非常に厳しい目標であることは間違いありません。

しかし高橋克典さんはいかにも運動神経が良さそうだし、52歳にしては体形もイケてるので、やってくれそうな気配はありますね。

ということで、今のスイングをどうぞ。

やっぱりちょっと、きびしいかな・・・

【ライザップゴルフ】の内容は?

誰が見ても100切りが厳しそうな高橋克典さんですが、果たしてどんなプログラムで結果をコミットしているのでしょうか?

【ライザップゴルフ】のプログラム》



・専属トレーナーによるマンツーマン指導

一人一人に専属のトレーナーがついて、ゴルファーの現状のスキル把握のために、ヒアリング及びデータを収集し、目標達成に向けたプログラムを組みます。

そのプログラムにそって、1回50分のレッスンを週2回、完全個室で指導を受けられます。

個室が非常にいいと思います。

通常の打ちっ放しだと、隣に人がいるので、恥ずかしくて立ち膝スイングなど、変わった練習はしづらいですよね。

でも個室だったら、誰にも見られないので、思う存分新しいことにチャレンジできます。

これって結構大きなメリットだと思います。

・充実したトレーニング環境

ショット精度がわかる高性能シミュレーター傾斜でのアプローチ練習や順目逆目など、コース状態によりちかい芝目での練習ができます。

さらに、予約制ですが打ち放題サービスが新たに加わりました。

コースに出ると、ショットやパターのいわゆるボールを打つということのほかに、マネジメントが必要になってきますよね。

そんな時大事なのが、自分の打球のタイプを知ることです。

ドロー系なのかフェード系なのか、高い球なのか低い球なのか、見た目だけでなくデータで出ればわかりやすいですよね。

さらに縦の距離感ですが、例えば7番アイアンで150ヤード飛ぶと言いながら、実は平均では140ヤードだったなんてことはよくあります。

自分の正確な飛距離を知ることは、スコアアップには欠かせません。

今までのゴルファーは「感覚」でその辺を習得していましたが、ライザップゴルフではそれを「データ」として収集し、提供してくれるわけですから、スコアアップしやすくなります。

・オンラインサポート

レッスン後に専用のオンラインドリルを受け取り、ドリルに基づき自主練習をし、分からないことはトレーナーに質問し、アドバイスをもらいます。

さらにアドバイスをもとに自主練習をし、次回のレッスンの時にオンラインドリルの成果を確認し、また次回のオンラインドリルを受け取るという、ビジネスで言えばPDCAのサイクルですね。

仕事でもなんでもそうですが、教えてもらった後が大事ですよね。

レッスンで「できた!」と思っていても、一人になると「あれ?」っていうことが良くあります。(というかほとんどの場合そうだと思います)

そんなときに、コンサルタントのように、すぐに解決策を提示してくれるのは凄く安心できますね。

【ライザップゴルフ】の選べるコースと料金》


まずは始めてみたいという、ゴルフ初心者におすすめのプランです。

トライアルプラン(16回/2ヶ月)

298,000円

とにかく最短で100を切りたいというゴルファーのためのプランです。

スタンダードプラン(24回/3ヶ月)

432,000円

いやいや100切りなんて通過点、もっと上を目指したいゴルファーのためのプランです。

プレミアムプラン(48回/6ヶ月)

792,000円

この1年間ゴルフにどっぷりつかって、本格的に上達したいゴルファーのためのプランです。

アスリートプラン(96回/12ヶ月)

1,536,000円

結構高いと思いますよね?

でもどうでしょうか?

先ほどの例で、10年経っても100が切れないというデータがありましたが、仮に週2回打ちっ放しに行って、毎回1000円使ったとします。

それを5年間続けたら、1回1000円×週2回×4週間=1ヶ月8000円×12ヶ月=96000円×5年間=480000円です。

それで100を切れればまだしも、さらに5年、計10年続けると960000円の出費です。

それでも100を切れないかもしれません。

であれば、2ヶ月で432000円のスタンダードプランで一気に100を切っちゃった方が良いですよね?

でも、本当に100を切れるの?と、どうしても不安な方や、結果が出なかったらお金がもったいないなぁという方もいると思いますそんな方のために、ライザップゴルフでは、プログラム開始から30日以内であれば、満足できなかった場合に無条件で全額返金を受けられる「30日間全額返金保証」というシステムを用意していますので、安心してチャレンジできますよ。

《こんな方におすすめ》


とにかく一気にうまくなりたい方!

友達や同僚に内緒でこっそりうまくなりたい方!

他にも上達したいこと(英語や楽器など)があり、ゴルフの後はそっちに取り組みたい方!

彼女にかっこつけたい方!

こんな方は、【ライザップゴルフ】で周りの人に一気に差をつけちゃいましょう!

100を切れると他のプレーヤーにも迷惑を掛けなくなるし、たまにはバーディーチャンスもあったりして、ますますゴルフが楽しくなりますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか。

高橋克典さんは、プログラムの進歩を確認する機会として8月23日に行われる「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2017」(福岡・芥屋ゴルフ倶楽部)のプロ・アマ戦に出場予定だそうですから、もうすぐチャレンジ1か月後の成果が見れますね。

また、2017年3月からは、アメリカで活躍中のプロゴルファー・石川遼選手とサポート契約を結んだそうですから、ライザップとしてはダイエットの次に来るコンテンツとして、相当力を入れているようです。

秋のゴルフシーズンはもうすぐです。

【ライザップゴルフ】で100切りを目指してみたい方は、チャレンジしてみてください!


それでは、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする