東京から近く激安の常総カントリー倶楽部で午後スルー2サムラウンドしてきました。


こんばんは。ちょこざえもんです。

久しぶりにゴルフに行ってきました。

4月から単身赴任になった友達が、出張がてら久しぶりに帰ってくるってことで、2サムでラウンドすることになり、近場で午後からスルーでラウンドできるところはないかということで、常総カントリー倶楽部に行ってきましたので、その感想を記事にしたいと思います。

ただ、残念ながら写真を撮り忘れましたので、ご容赦ください。

常総カントリー倶楽部

常総カントリー倶楽部は、茨城県岩井市(現坂東市)に昭和48年10月27日に開場しました。

高森建設が経営母体となり、常総カントリークラブ岩井コースの名称でオープンしましたが、
ニューセントラルグループが経営権を継承し、現在に至っています。

気軽にゴルフが楽しめる価格設定と立地条件なので、東京都心から土日祝日を利用してプレーを楽しみたいエンジョイゴルファーや、周辺にお住まいの地元ゴルファーでにぎわっています。

菅生沼と利根川沿いに展開している全長の河川林間コースで、フェアウェイは河川敷ならではのフラットな造りですが、とにかく狭く、さらにコース内を流れる小川や池が絶妙の配置となっており、ボールの落としどころが難しいゴルフ場です。

《ゴルフ場詳細》

コース設計:高森豊

コースレート:70.0

全長:6,396ヤード Per72

グリーン:ベント&高麗の2グリーン

練習場:なし(アプローチあり)

クレジットカード:使用不可

(アクセス)

車:常磐自動車道 谷和原ICより7km

電車:つくばエクスプレス 守谷駅西口よりクラブバス(完全予約制)20分

電話:0297-38-2301

住所:茨城県坂東市法師戸262

*茨城県坂東市法師戸262

ラウンドの感想

冒頭にも書きましたが、友人との2サム午後スループレーということで、13時スタートでしたので、ティーオフ時点では最高の暑さでした。

INから出て、スタートの10番は軽い左ドッグレッグのホールでしたが、ティーショットはまあまで、セカンドでパーオンと幸先の良い出だしかと思いきや、3パットのボギー。

続く11番ロングホールは距離が短いので、セカンドは5番アイアンで2オンを狙いましたが、左にひっかけて乗らず、アプローチを1.5mにつけて楽々バーディーと思いきや、何と奇跡の3パットでボギー・・・

それからメンタルの弱さを露呈し、ズルズルとダラダラと、44。(パットは18)

気を取り直したはずの後半OUTは、スタートの1番ホールが名物ホールのロングホールなんですが、ティーショットをキャリーで250ヤード飛ばさないと横切るクリークにつかまるので、195ヤードを打って刻む作戦にでました。

ティーショットは4番アイアンで良い当たりだったのですが、ちょっと右に行ってしまったので、大きな木越えになり、7番アイアンでレイアップし、サードショット勝負に出ましたが、100ヤードをまさかのショート、アプローチ寄らず、なんと4パットのトリプル・・・

完全に意気消沈した、ガラスのメンタルのワタクシは、その後ドライバーもアイアンも崩れ、最初からダメなパターは最後までダメダメなまま、51(パット20)のサイテーなスコアとなってしまいました。

コースとしては、河川敷でフェアウェイが狭くフラットで、距離が短いので、曲げなければいいスコアが出ると思います。

また、グリーンが砲台でかなり小さいので、アプローチが難しいですね。

高く止めるアプローチか、手前から転がすようになるので、結構大変でした。

グリーンの状態は相当悪く、部分的に土が見えているホールもありましたが、ワタクシのパットが入らなかったのは、そのせいではありません・・・

バンカーについては、今回一度も入らなかったので分かりませんが、砂はあったようです。

コースの状態はフェアウェイでも草が生えていたりと、良いとは言えませんが、考えようによってはライが悪い分セカンドショットが難しいので、練習にはなると思います。

でもそんなことより、もっといただけないのが、プレイヤーのマナーが悪いことで、特に気になった、以下の3点を挙げさせていただきます。

グリーンがデコボコ(ディボットを直さない)

打ち込んできても「ファーーーー!」と叫んでくれる人が皆無

③練習ラウンドのつもりか、2球3球と打つ人がいるようで、打ち込んだボールを取りに来ない。

何を隠そうワタクシのデビュー戦がこの常総カントリー倶楽部だったので、文句は言えませんが、初心者の方が多いのでマナーがなってないんだと思います。

それでも、料金は土曜日にしては破格の5,800円と、超絶リーズナブルですから、ワタクシも練習と割り切って考えれば、充分楽しめました。

まとめ

猛暑の中のスルーラウンドなので、折り返しで食べようと思ったクーリッシュを、保冷バッグに大量の氷と共に忍ばせて臨みましたが、すっかり溶けてしまったのが、一番残念なところでした。

結構混んでいたのと、スロープレーが気になった割には、18時前には終わって、ゆっくりお風呂に入り、19時前には帰れましたので、『安い』、『近い』、『気楽』とコスパは最高だと思いますので、もしワタクシのレビューが参考になったら、ぜひ行ってみてください。

それでは本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

速攻で100を切りたいなら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする