エンツォ・フェルナンデスとは?ジダン監督が息子をCL決勝に大抜擢

こんにちは。ちょこざえもんです。

いよいよUEFAチャンピオンズリーグ決勝ですね!

ワタクシの周りでは、あまりにレアル・マドリードが強すぎるので、ユヴェントスを応援している人が多いのですが、皆さんはどうでしょうか?

ところで昨日、そのレアル・マドリードのCL決勝ベンチメンバーが発表されましたが、そのメンバーにジダン監督の息子『エンツォ・フェルナンデス』が選ばれたそうです。

ジダンは言わずと知れた、往年のスーパースターですが、息子はどんなプレーをするのか気になりますよね。

と言うわけで、ちょこっとご紹介します。


エンツォ・フェルナンデスのプロフィール

本名:エンツォ・アラン・ジダン・フェルナンデス

生年月日:1995年3月24日

出身地:ボルドー

身長・体重:184cm80㎏

所属クラブ:レアル・マドリードカスティージャ

ポジション:MF

利き足:右

代表歴:2009年U15スペイン代表・2014年U19フランス代表

2004年からレアル・マドリードのユースに所属し、2015年からはレアル・マドリードカスティージャでキャプテンを務めています。

2016年11月30日コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)クルトゥラル・レオネッサ(3部)戦の後半から出場し、トップチーム公式戦初出場を果たすと同時に、63分にはゴールを奪い、父親譲りの『マルセイユ・ルーレット』まで披露するなど、上々のデビューを飾りました。

また、本来であれば『エンツォ・ジダン』なんでしょうが、父親があまりに偉大なため、比較されるのを嫌って、選手登録は『エンツォ・フェルナンデス』としているそうです。

プレースタイル

背が高くフィジカルに優れるため、父親のジダン同様、懐の深いボールキープが特徴なので、なかなかボールを奪われにくいタイプの選手だと思います。

また、それほどスピードがあるようには見えませんが、これまた父親譲りの深いターン(切り返し)が鋭く、バイタルエリアでの落ち着きと相まって、相手からすると非常に厄介な、また味方からすれば、安心してボールを預けられる選手だなあと思いましたね。

まあ言葉より目でと言うことで、ご覧ください。

どうですか、まだ全盛期のジダンほどではないにしても、プレースタイルが似ていませんか?

レアル・マドリード元GMで、元アルゼンチン代表のホルヘ・バルダーノによると、「何から何まで父親譲りだ」と評されているほどですから、だれが見ても同じように感じるのではないでしょうか。

またエンツォ・フェルナンデスには弟が三人いるのですが、みんなサッカー選手です。

次男:ルカ・フェルナンデス GK レアル・マドリードU19

三男:テオ・フェルナンデス MF レアル・マドリードジュニア

四男:エリアス・フェルナンデス MF レアル・マドリードジュニア

全員レアル・マドリードなんて凄いですね。

将来ジダン一家で、フットサル大会にでも出てもらったら、かなり盛り上がるでしょうね。

また、今のところスペイン、フランス両国の代表を選べるとのことですが、どちらを選ぶのか注目されていますが、ワタクシ個人的にはフランス代表になってもらいたいと思っています。

まとめ

いかがでしたか?

スーパースターの子供と言うのは相当なプレッシャーだと思いますが、プレーを見れば、七光りではなく実力でつかんだことがよくわかりますね。

大一番ですから出番があるかわかりませんが、今日の楽しみの一つに加えてみたらいいのでは?と思います。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝は日本時間6月4日(日)3:45キックオフです。

スカパー!は3:00~、地上波は3:45~(フジテレビ)にて放送されます。

一度早く寝るか、もしくは寝ないか、それぞれだとは思いますが、世紀の決戦を大いに楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする