休日でも安く東京からも近いゴルフ場、茨城県の土浦カントリー倶楽部に行ってきました。


こんばんは。ちょこざえもんです。

今更ですが、ゴールデンウイークにゴルフに行ってきました。

茨城県の土浦カントリー倶楽部に行ったのですが、ここは連休中でも安くておススメです。

土日祝日に、安くて良いゴルフ場でプレーしたい方には、お役に立てる情報だと思います。

土浦カントリー倶楽部とは

茨城県稲敷市にある、1962年開場のゴルフ場です。
土浦開発株式会社が建設しましたが、1982年に丸千グループの傘下となりました。

バブル崩壊後の業績悪化の影響で、資金繰りが困難となり経営破綻し、2003年に整理回収機構から、会社更生手続きの申し立てがありました。

現在はアコーディアグループが運営しています。

コースは

陳清水氏が設計した林間コースで、東・西・南と3つのコースがあり、それぞれの趣があります。

今回ワタクシは南コースからスタートしましたが、1番ホールは正面に大きな松の木があり、いきなりのプレッシャーです。

木の上を狙うのか、右からドロー、左からフェードなど最初から悩ましいですね。

ワタクシは右からドローを打つつもりだったのですが、プッシュアウトしヒヤッとしましたが、何とかラフにとどまってくれました。

南コースの印象は、フェアウェイがソコソコ広く、アップダウンがあるなと感じました。
池やOBはあまり気になりませんでした。

印象に残ったのは左ドッグレッグの7番ホールで、ティーショットは絶対にフック系のボールを打ちたいですが、プッシュアウトすると距離の出る人は突き抜けてしまいます。

逆に、多少のひっかけ玉でも大丈夫です。

バックナインは東コースでした。

こちらは南コースよりも距離があって、土浦カントリー倶楽部では一番林間コースの雰囲気があるように感じました。

ただし、後半はドックレッグのホールが多く、特に6番ホールは右ドッグレッグのロングホールですが、ドライバーは使えませんので、ティーショットが当たっても、セカンドで2オンは狙えません。(ワタクシレベルの話です・・・)

今回は、カートがフェアウェイ走行可だったのと、運転式カートなのでスピードが出てらくちんでした。

また、バンカーは砂がないので、非常に難しいです。

安いゴルフ場は砂が少ないように感じますが、そう思うのはワタクシだけでしょうか?

グリーンは8.5フィートと遅いので、傾斜だけでなく芝目も読まないといけないように感じましたが、ワタクシレベルでは芝目が読めないので、浅く見て強めにパッティングするのが良いかなと思います。

それと、キャディマスター室に申請すれば、バックからラウンドさせてくれます。

ハンディキャップも聞かれませんでしたし、いつもお願いしていますので、希望される方は申請してみてください。

まとめ

いつも土浦カントリー俱楽部に行くときは、午後スルーのラウンドです。

今回は食事付き9,980円のプランでしたが、11時に集合して食事してから12:30頃スタートしました。

18時前にホールアウトしましたので、5時間ちょっとのラウンドだったのですが、南コースは毎ホール待ち、東コースはスムーズに回れました。

圏央道もできて、アクセスが良くなりましたので、近くて安い良いゴルフ場だと思います。

スタッフも丁寧な接客で、ストレスなくラウンドできましたので、是非おススメしたいゴルフ場です。

速攻で100を切りたいなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする