絶景の太平洋が見える茨城県のゴルフ場、日立ゴルフクラブに行ってきました。


こんばんは。ちょこざえもんです。

性懲りもなく、ゴルフに行ってきましたので、リポートさせていただきます。

念のため申し上げておきますが、ワタクシはトップアマではなく、ただの月一ゴルファーですから、ワタクシと同じような境遇&腕前の方のお役に立てればと思っております。

日立ゴルフクラブとは

茨城県日立市に昭和42年11月3日に開場しました。

地域振興の一環からゴルフ場建設計画が立ち上がり、日立セメント、日立製作所、日鉱金属、日立商工会議所、常陽銀行等が株主会員となり、設立に大きな役割を果たしました。

しかし近隣のゴルフ場との競争などが理由で、来場者が減少し、業績が悪化していくなかで、預託金の返還に応じることが困難になり、 経営する日立観光開発株式会社は、預託金など約20億円にのぼる負債を抱え債務超過に陥ったため、平成23年1月27日に民事再生手続を申請し倒産してしましいた。

その後、平成23年9月に自主再建型の再生計画案が可決され、コースはこれまでと同様に営業していましたが、平成26年10月20日付で水戸地裁より再生計画終結決定を受け、現在に至ります。

アクセスは常磐自動車道、日立中央ICからわずか2キロ、10分弱です。

コースは

アップダウンのある、初心者には結構シビアなコースだと思います。

ワタクシは初めてのラウンドでしたが、他の方に聞くと、「二度と来たくなかった」と言う人がいたほどです。

OUTからスタートしましたが、1番、2番とも右サイドが危険なホールで、大部分のゴルファーが該当するスライサーには、のっけから厳しいホールが続きます。

距離は比較的短いので、ティーショットがソコソコ行けば、セカンドはそんなに残りません。

打ち上げ、打ち下ろしなどセカンドからピンが見えないホールがあったり、20ヤード打ち下ろしのショートホールがあったりします。

バンカーは砂がしっかり入っていて、良かったです。(安いゴルフ場はバンカーに砂がないところが多い)

グリーンの状態も良いと思いましたが、結構傾斜が読みにくい印象があり、ロングパットはほぼ3パットでした。(涙)

また、カートは旧式でかなり遅いですが、リモコンで動かせますので、歩ける方は歩いた方がよっぽど早いです。

練習場も充実していて、ドライビングレンジ、アプローチ、バンカー、パターとすべてそろっています。

次に行くときには、少し早めに行ってアプローチの練習をしようと思います。

食事は、カレーそばとネギトロ丼のセット(追加料金なし)を食べましたが、まあ普通です。

それよりレストランのおばちゃんが、注文を取りに来るときに、こちらを見ずに周りを気にしながら、ぶっきらぼうにしていたのが気になりました。

*帰宅後、楽天GORAでレビューを書こうと思ったら、過去に何件かこのおばちゃんのことを書いていた記事を見つけました。

ただ、このおばちゃん以外は、フロントもキャディーマスターもレストランもみんな良い接客をしていたと思います。

まとめ

狭くて難しいコースだと思いますが、そんなことより、ほとんどのホールから見える太平洋の眺めは、まさに絶景です。

料金も、土曜日で食事付き9000円ですし、絶対に行って損はないゴルフ場です。

少し遠いのが難点ですが、ICからの距離は近いので運転は楽だし、宿泊パックもあるようですから泊まりで楽々プレーできます。

ところで今回のワタクシのスコアは、OUT43、IN44の87でした。

ドライバーはまあまあ、アイアンイマイチ、アプローチダメダメ、パターまあまあと言ったところです。

とにかく、日立ゴルフクラブの一番のおすすめポイントは「絶景の太平洋」です。

特に夏の暑い日のラウンドには、海風が心地いいと思いますので、是非一度行ってみてください。

速攻で100を切りたいなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする