モデル滝沢カレンの日本語がおかしい。障害?それともキャラ?

こんにちは。ちょこざえもんです。

最近年度末ということもあり、仕事が忙しくブログの更新ができませんでしたが、最近テレビでよく見かける、滝沢カレンさんの日本語が面白かったので、書いてみたいと思いました。

滝沢カレンのプロフィール

とってもきれいな滝沢カレンさんですが、お父さんがウクライナ人、お母さんが日本人のハーフということで、道理できれいなはずだと納得ですね。

1992年5月13日生まれの現在24歳

東京都の出身で血液型はAB型とのことです。

趣味はクラシックバレエ、ホットヨガだそうで、特技は料理だそうです。

2008年のミスセブンティーン2008でグランプリを受賞したことをきっかけに、「雑誌SEVENTEEN」の専属モデルとしてデビューし、今はJJの専属モデルとして活躍しています。

2009年公開の「映画ROOKIES卒業」で女優デビューも果たしています。

そして最近はバラエティ番組での変な日本語が話題になり、テレビに引っ張りだこの売れっ子タレントとして活躍しています。

変な日本語語録

それでは、滝沢カレンさんの日本がどれだけ面白いのか、ご紹介したいと思います

自宅について聞かれたときに、8階に住んでいることを説明する際、「7階と9階の間に住んでいました」、「洗濯物を干すための踊り場がない」と、ベランダと踊り場を言い間違えた。

他には「ざっくばらんに肌洗ったり」とか、「元カレはストーカーになると確信に得ていた」とか、「縄跳びのジッコウケイレツを知りたい」、「お腹を石のようにマッサージする」と言ったり、好きな日本酒は純米?吟醸?と聞かれているのに、「熱燗が好きです」と答えたりと面白いトークがたくさんあります。

まとめ

ここまでご紹介してきたように、面白い日本語を話す滝沢カレンさんですが、私としては障害ではなく、キャラだと思います。

そのわけは、例えばベッキーさんやトリンドル玲奈さん、ローラさん、シェリーさん、森泉さんなどハーフタレントがバラエティ番組を席巻していますので、違いを生み出そうとする事務所の方針のような気がします。

滝沢カレンさんのお母さんがロシア語の通訳をしていて、周りの人が片言の日本語しかしゃべれないロシア人だらけだったから、変な日本語を話すようになったとお母さんが言っているとのことなので、もともとのしゃべりが変わっていて面白ことに目をつけて、売り出したんだと思います。

私個人的には、滝沢カレンさんの言葉選びがうらやましくもあり、むしろ好感を持っています。

これからも個性的なキャラを活かして、頑張ってもらいたいと思います。

オッサンとしては、かわいくて面白い子は大歓迎です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする